契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

2017年3月 覚悟

 たびたび離婚を持ち出されても、私は応じる気はなかった。家族として順調に生活を送っている、夫婦間の会話もある、日々楽しく過ごせている。もっと何か大きな事が起きない限り、離婚には至らないと考えていた。

夫は、もう好きじゃないと言ってきた。もう一緒にいたいと思わない、と。私は、そんな理由で別れるのは恋人同士のすることだと言った。結婚とは夫婦とは、もっと重いものだ、互いへの責任というものがある(子どもへの責任も)。離婚は、もう一緒にいたいと思わないではなく、もう一緒にいたくないという時にするものだと言った。

私にとって大きな事が起きた。

夫が子ども達がいる前で離婚を持ち出したのだ。何がきっかけだったのかは覚えていない。いつものように些細なことで言い合いになり、後に引けなくなった結果だと思う。子ども達が泣いていたのは覚えている。

もう無理だと思った。離婚したいと言われ続けることに疲れた。子ども達の目の前で言うなんて最低だと思った。

その夜、夫は飲み会の予定があった。子ども達の手前、私は仲直りした風を装い、子ども達と一緒に買い物がてら夫を居酒屋まで送っていった。

子ども達が寝静まった後、私は離婚についてリサーチを始めた。養育費・児童扶養手当・家賃補助など。。私の年収では、自治体からの補助は大して得られないことが分かり腹が立った。私の年収で子ども達と生活することはできると思う。たが恐らく生活するだけで精一杯となり、塾にやったり、大学費用の貯蓄などはできないだろう。
ひとり親家庭への支援制度が大した支援ではないことが分かり、貧困の連鎖を引き起こしたくなければ、離婚は考え直せと言われているように感じた。

同時に、それでも離婚に踏み出し頑張っている女性がたくさんいると思うと勇気づけられたし、路頭に迷うことはなさそうだと思うと覚悟はできた。

飲み会に行っている夫に離婚に応じるとメールした。