契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

金欠

この契約では私の経済的負担が増える内容となっている。夫の夜の相手からの解放、相手をしないことの罪悪感からの解放に必要な料金だと思っていた。

この頃は、祝い事や車の修理など出費が重なった。以前なら夫が負担していた支出だが契約上私が負担した。さらに自動車税が未納だったことが発覚。契約前に発生した料金なので夫が払ってもいいような気がしたが、何も言わずに私が支払った。

私は子ども達が寝静まった後にビールを1杯やるのが毎晩の楽しみだった(正確には発泡酒だが)。以前は夫も一緒に1杯やっていたが、最近クラフトビアとやらにハマり始めたそうで、「安いビールは飲めない。」などと言い出し、家飲みをすることがほとんどなくなっていた。それでも私は変わらずに独りで1杯やっていた。

この頃、金欠になってしまったので週一の6缶パックを買うのは辞めることにした。6缶パックをカートに乗せない私を見て下の子は不思議そうだった。

夫が高そうなビールをカートに乗せたので私は当てつけかと思った。以前なら食費というくくりで私が負担して当然だったろうが、夫はレシートをチェックしビール代を渡してきた。その晩、ビールをグラスに分けて私に差し出したが、私は手を付けず、夫はこぼして捨てていた。

その後も夫が私にビールを差し出す日があった。私は何度か断ったが、断り続けるのもよくないかもしれないと思い始めた。これが夫の歩み寄りなのかもしれない。こんな日々を繰り返して徐々に関係修復するのかもしれない。いい方に考えるようにし、くれる物は貰っておくことにした。

子ども達が寝静まった後、2人でテレビを見ながらビールを分け合う日々がしばらく続いた。

そう長くは続かなかった。