契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

母子家庭への自信-獲得と喪失

f:id:Hikari3:20171024200305j:plain

秋の恒例行事、運動会がありました。我が家は、場所取り競争には本格参戦しておらず、学校の中庭でゆっくり座って、子ども達の出番にのみ観覧席で立ってみます。家族4人揃った運動会もこれが最後かな、なんて考えていたのですが、なんと天候不良で運動会が延期になり、日程が夫の趣味のイベントと重なってしまいました。実は、去年もこのイベントと運動会が重なり、夫は途中で運動会を抜け出したのでした。今年は、朝一からイベントに行きたいと前乗りできるようにホテルまで取ってありました。日程が重ならくてよかったと話していたのに、運動会が延期。。。私は何も言わず、子ども達も納得してくれたので、夫は運動会へは来ずに前日から趣味のイベントへ出かけました。
 
私は母子家庭の予行演習みたいなものだと、淡々と準備をしました。夫は悪いと思ったのか、出かける前にアウトドアチェアやワゴンを車に載せてありました。タープも載せるかと聞かれましたが、独りで組み立てる自信がなかったのと、中庭の日陰に場所を取るつもりだから要らないと言いました。
 
当日は、子ども達の集合時間の40分ほど前に学校に着きました。駐車場の混雑が始まっていましたが、問題なく車を止めることができました。子ども達はそのまま集合場所に向かい、私はレジャーシートのみを持って、場所取り行列の指定場所となっている裏門へ行くと、想像以上の行列で驚きました。競争率が低いと思っていた希望の中庭も日陰は小さな隙間が残っていただけ、今年は3人だけなのでなんとか大丈夫でした。シートを広げて場所を確保した後、車へ戻って、アウトドアチェアや弁当、ミニテーブルをワゴンに積んで移動しました。
 


我が家はこのタイプのタープとワゴンを使っています。今年はタープは使いませんでしたが、ワゴンは使いました。周りを見ながら、来年は独りでも組み立てできる小さめのシェードがあった方がいいかなぁ、ワゴンは場所を取るからカートがいいかなぁなどと考えていました。
  

狙い目はこの辺り。。。
 
この時は、ちゃんと母子家庭できそうだと自信が沸いてきていました。
 
始まってみると、子ども達の出番が半分も終わらないうちにビデオカメラのバッテリーが切れてしまいました。昨夜チェックした時には2時間近く撮影できるという表示だったので充電していなかったのです。しかも私一人でビデオもカメラもは無理だからとビデオカメラ1台しか持ってきていなかったのです。スマホで少し撮ってみましたが、遠すぎて我が子の表情は写っていません。。。
 
そして時間が経つにつれ、私の腰痛が激悪化!実は、夏休み中にぎっくり腰をやっちゃって、以来完治していなかったのです。最初は整骨院に通ったのですが、1週間ほどで鈍い痛みはあるものの生活に支障はないまでになったので、そのままにしていました。それがこの日、重い荷物を運んだのと、長時間立ちっぱなし、座れるときは腰のサポートがないアウトドアチェア、と悪条件が重なり悪化したのでした。
 
帰りは、子ども達にも手伝ってもらって荷物を移動し、ちょっとコンビニに寄ってアイスクリームを買い(この辺はちょっと余裕。(^^))、家についてからは、アウトドアチェアなど腐らないものは車に載せたままで、弁当箱・水筒などを家に運び込みました。
 
3人でアイスクリームを食べて、それぞれシャワーに入ったのですが、腰を曲げると痛い、脚を上げても痛い、何をしても強烈に痛いのです。下着だけは自分で頑張って履きましたが、そこで力尽き、ズボンを履くことができません。。「大変申し訳ないのですが、、、」 と上の子にお願いしてズボンを履かせてもらいました。
 
母子家庭への自信が一気に喪失。。。
 
来年の引っ越しに備えてしっかり治したいと思います。