契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

ネット副業-振込口座のこと

f:id:Hikari3:20171208224523j:plain

今、楽天銀行で口座開設すべきか悩んでいます。わざわざブログに書くことでもないように思いますが、書き出せば頭の整理がつくかと書いています。

私が今持っている銀行口座は、地元にATMがたくさんあって便利な地方銀行と、全国にATMがあって便利かも?と思って作ったゆうちょ銀行の2つです。ゆうちょ銀行のATMに利便性を感じたことはありませんが、大昔ヤフオクで物を買ったときにゆうちょ銀行の方が振込手数料が安く得した気分になったことはあります。

楽天銀行を検討し始めたのはクラウドワークス でお仕事を始めたからです。ほかのサイトはほとんどトップページにこれまで稼いだ額が表示されるのに対し、クラウドワークス にはそれがなかったので「報酬」というページを開いてみました。ちりつもでやっと1,000円近く貯めた報酬ですが、「出金可能額: 250円」と大きく書かれているのです。どうやら親切にも諸々の手数料を差し引いた額を表示していることが分かりました。そして下の方に振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)の文字が。。。

ここではちまちまと1-2円の仕事をしているのに、振込手数料だけで500円も取られるなんて!と思うと、手数料の安い楽天銀行がとても魅力的に見えてきました。でも、あちこちに分散させると管理できなくなりそうなんですよね、私の場合。ポイントカード(Tポイント、Pontaポイントあたり)がすでにその状態です。

ここで初めて各サイトの振込条件・手数料を確認することにしました。←遅すぎ

在宅ワーク
G:PayPal  か Payoneer
C:PayPal か 銀行振込

アフィリエイトサービス
A:銀行振込

これらのサイトが楽天銀行に振り込み可能であれば、すぐに楽天銀行の口座を開設するのですが、そうでもありません。。。アンケートサイトとポイントサイトは、基本的にAmazonギフト券に交換する予定で、dポイントは携帯料金の支払いに使っています。

しかも楽天銀行はATM利用に手数料がかかるとのこと。じゃぁやっぱり楽天銀行の口座は要らないなぁと結論付けるところだったのですが、楽天銀行からゆうちょ銀行への振り込みは103円で済むというじゃないですか!クラウドワークス からの振込手数料100円+楽天銀行からの振込手数料103円でも203円。500円と比べると半分以下!マクロミルからも楽天銀行へ振り込めるようだし、へそくり口座的に利用すればいいかと、遠回りした割には結局口座開設することにしました。


でも、今回いろいろ調べてみてよかったです。例えば、PayPalとPayoneer、PayPalはすでにアカウントを持っているので、それを使えばいいやーとしか思っていませんでした。でも、振込手数料だけでなく、受取り時の決済手数料や為替手数料など、いろいろ手数料がかかるのです。仕組みが複雑すぎて、私にはここにまとめを書く能力がありませんが、自分自身の結論としては、Payoneerのアカウントを開設するということです。

さらにA8.net も銀行口座を設定してあったのですが、それだと3万円未満の振り込みで手数料540円、ゆうちょ銀行なら金額に関係なく振込手数料30円とあるじゃないですか!大慌てで変更しました。

といっても、A8.net では1円も稼げてないんですけどね。(涙)こういう情報を上手に整理してブログ記事にすれば、アクセス数も上がってアフィリエイトでも稼げるようになるのでしょうね。私にはそんな才能なく、いつも独り言のような記事です。。。

あ!楽天銀行の口座を開設するときには、必ずポイントサイトを通るようにしなくてはっ!・・・完全に独り言ですね。すみません。。。