契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

ネット副業-搾取

f:id:Hikari3:20171220220021j:plain

クラウドソーシングは、搾取の温床であるとの批判があることを最近知りました。世間の話題にはついていけるようにしていたつもりでしたが、できていなかったようです。私みたいな人がいいカモにされてしまうのでしょうね。先日は、まさしくカモにされるところでした。

その仕事は1件3円で大量の単純作業をこなして欲しいという案件で、数十人の長期契約の募集でした。応募から数日後、依頼者からメッセージが届きました。予想外に大勢からの応募があった、全員に仕事を回したいので、1件3円ではなく1件2円にしたい、2円で作業可能な人と契約するという内容です。完全に足元を見られているなと不愉快に思いながらも、翻訳の案件がない時に暇つぶししながら2円ずつ稼げばいいかと、1件2円でも引き受けたいと返信し、言われるがままに連絡用のグループチャットに登録しました。グループチャットには作業マニュアルのリンクなどがあり、すでに数人が作業を始めている様子で、「XX番まで完了しました。」などの作業報告が上がっていました。

試しに数件やってみたいのですが、単純作業と言われるほど簡単な作業でもなく結構大変だったので、翻訳の案件もアンケートも本当に何もない時だけにしようと決めました。その後、幸いにも翻訳の案件が続いたのでそのグループチャットはしばらく開くことがありませんでした。

久しぶりにグループチャットを開くと事件が起きていました。受注者の1人が月をまたぐのでいったん締めて作業分を支払して欲しいと発言したのです。それに対して依頼者は、作業量が少なすぎて、最高額の人でも数百円の報酬しかない、これでは振込手数料も賄えない、だから全員繰り越しにする、と言うのです。これに対して別の受注者が、クラウドソーシングのサイトから来たのだからそのシステムを利用して支払いをして欲しいと発言しました。すると依頼者は、原則銀行振り込みを使用する、サイトのシステムをというのならその時点で契約終了すると言うのです。

ここで私は改めてクラウドソーシングのサイトでこの仕事の条件を確認しました。もちろんどこにも銀行振り込みなんて書いていません。そのサイトのシステムを使うからこそ、1-2円の仕事をちまちまとしていても数千円を貯めることができるのです。そしてそのサイトの取引画面に「まだ作業を始めないでください」という文字が、、、仮払いがまだだったのです。私はタスクと呼ばれる仕事ばかりしていたので、こういう契約手順を理解していませんでした。

この依頼者とは縁を切ることを決め、契約終了で構わないので、クラウドソーシングのサイトで支払い手続きをして欲しいとグループチャットで発言しました。その後いちいち時間はかかりましたが、無事に支払いを受取り、グループチャットは退会しました。

支払って、たったの14円なんですけどねー。(*'ω'*)
でも、おかげでとても勉強になりました。貴重な14円です。