契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

契約離婚生活-最後のクリスマス

f:id:Hikari3:20171227181742j:plain

4人で過ごすのは最後となるクリスマスが無事に終わりました。

わが家はいつも、夫が子ども達へのプレゼントを選び・注文、私がラッピングするという形です。夫はいつも「何を選べばいいのかわからん」「もう知らん」「お前に任せた」ということを言います。だからと言って、私がいくつか提案してもどうせどれも却下なのです。なのに今年も例年通り、お前に任せたと言ってきたので、「今年で最後だろうからちゃんとやれば?」と言い返してみました。それが良かったのか悪かったのか、クリスマスの3日前になって、もうネット注文では間に合わないからと、夫独りで店舗に出向いてプレゼントを買ってきていました。

ケーキは、初の試みでスーパーでスポンジ・生クリーム・果物を買ってきて、子ども達がデコレーションしました。夫は、バレンタインデーの時なども、こういう手作りものを貰うのは嫌がる人です。それよりはプロが作った高級品を喜ぶ人です。ですが、今年は文句を言わずに子ども達のケーキを食べてくれました。今年で最後、、、という気持ちがあったのかどうかは分かりません。


夫婦間のクリスマスプレゼントはありません。それどころか誕生日プレゼントもありません。籍を入れてからやらなくなったのか、同棲していたころからなかったのか、覚えていませんが、それぞれ仕事をしているのだから欲しいものがあれば自分で買う、プレゼントなんて気を遣う必要なしというのが建前です。

私は、何をあげても喜んでもらえない気がして何もあげたくなくなりました。夫は最新トレンドを把握している人間で、私は流行り物には疎い人間なのです。籍を入れる前、バレンタインデーにチョコレートビールをあげたことがありました。話題のショコラティエなんて知らないし、ちょうどいい面白いものを見つけた、びっくりしてくれることを期待していました。でも、夫はやっぱり知っていて、飲んだこともあって、喜んだふりはしてくれましたが、「あぁ、これね」と正直過ぎるリアクションでした。

互いにプレゼントなんて気遣いは止めようと言われた時は気が楽になりました。今では、クリスマスも誕生日もバレンタインデーも全て子ども達のためのイベントです。夫婦のためのイベントを続けている方が、プレゼント選びなどで相手のことを考える時間を設けている方が、夫婦として続くのかもしれませんね。

 

【 チョコビール 4種4本 飲み比べセット (1セット)】インペリアルチョコレートスタウト、杏仁チョコレートスタウト、オレンジチョコレートスタウト、スイートバニラスタウト <専用箱入まとめ買い>

新品価格
¥2,840から
(2017/12/27 18:20時点)