契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

再確認

「これからも一緒に生きていきたい。」

具体的なセリフは忘れてしまいました。でも、このようなプロポーズのような言葉を言われました、夫から。冬休みに入り子ども達が実家へお泊まりに行って不在だった夜のことです。私はソファに座って、相変わらず内職に精を出していました。夫はいつもならテレビをつけ、スマホをいじるのですが、どちらもせずに、やたらと私の周りをうろうろするのでウザったいと思った矢先でした。

「あ、それはもうないです。」

私は間髪入れずに返答しました。もうそんな気持ちはないの?と確認する夫に「ないです。」と答えました。ちょっと前は俺の気持ち次第って言ってなかった?と問いただす夫に、「事態は刻々と変わるのです。」と即答しました。何度も復習してきただけあって、もう迷いはありません。

もう気持ちは堅いの?もう変わらないの?などとしつこく確認する夫に「ないです。」「ありません。」などと答える中、「何のためにこうやって内職を頑張ってると思ってるのよ?」とも言いました。すると離婚せずとも内職を頑張ればいいじゃないか、というようなことを言ってきました。私は、離婚しないのであれば、今まで普通に生活できていたのだから内職の必要はない、離婚するのだから離婚後の生活のために頑張っているんだと話し、仕事に集中しました。夫は自分の部屋へと入っていきました。

離婚せずとも内職を頑張れとはどういうことなのでしょう。もっと家計に貢献しろとでも言いたいのでしょうか。私に隠している夫の借金返済を手伝えとでも言いたいのでしょうか。今頃になってヘラヘラと離婚騒ぎはなかったことに~って帳消しになるとでも思っているのでしょうか。やることなすこと腹が立ちます。


会社の友人達との会話を思い出しました。ランチ休憩中に夫婦生活について盛り上がったのです。昼間っから?という感じですが、おばちゃんが集まるとこんなもんです。その中に子どもを実家に預けてくることがOKの合図だという人がいました。子どもがお泊まりでいないと知ると夫さんがソワソワし始めるのだそうです。

この日は子ども達が不在だったので、夫も、あわよくば・・・と考えていたのかもしれません。そう思うと嫌悪感が湧いてきました。あわよくば、よろしくやって、また不満が溜まってきたら爆発して、子どもの前でも言いたい放題言って、みんなを傷つけて。。。

そんな風に振り回される日々はもう終わります。夏には、判を押して、この家から出ていくのです。


***ここまでは年末に下書きしたものです。***
***タイミングが合わず更新できませんでした。***

あけましておめでとうございます。

f:id:Hikari3:20180104231106j:plain

正月休みは以前書いた通り、年始回りを避けるため家族旅行へ行ってきました。子ども達が寝静まった後、夫はもう結婚継続の可能性はないのかと再確認してきました。自宅にいるときは、私が内職に精を出していて、邪魔しないで!と殺気立っているので、この旅行中が最後のチャンスと思ったのかもしれません。

もう可能性はないと返事しました。父子間の関係を考えても、早めに別れる方がいい関係を保てるだろうという話もしました。夫が「もう嫌いになったということか。」と聞いてきたのには、「十分に嫌われるだけのことはしてきたでしょう。」と答えました。

いろいろと話をする中で「誰か気になる人でもいるのか。」とアホな質問もされました。私も夫に「きっとすぐにいい人が見つかるよ。社交的だし、優しいし、気が利くし。」と言いました。これは本当にそう思います。すぐに見つかると思います。長続きするかどうかは別ですが。

「子ども達のことはよろしく」「サポートよろしく」などと身のある話も出たのですが、夫が不意に最後にエッチした時の話を始めました。あの時は将来離婚するなんて考えもしなかった、最高に幸せだった、などなど。他のことは存在しないに等しい、それだけが大事だと言われているように感じました。夫にもそのまま言いました。「結局、それだけが大事なんだよね。」
夫は肯定するでもなく否定するでもなく。私は、もう寝るとだけ言って床に就きました。

男の人ってみんなこんな感じなのでしょうか。。。

夫は私の離婚の意思を再確認、私は離婚理由を再確認した結果となりました。夫にも伝えた通り、このまま粛々と離婚準備を進めるだけです。