契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

離婚協議書完成

f:id:Hikari3:20180312200850j:plain

今年に入って、夏ではなく春に離婚すると予定を早めてからすぐに公証役場に連絡しました。電話口で協議書の完成には2-3か月かかるとの説明がありました。運がよかったのか、2か月弱で完成の連絡を貰い、夫と一緒に署名に行きました。

公証人が内容を読み上げ確認をしたうえで署名捺印するわけですが、ここでドキドキが。。。協議書の内容が3月に離婚、養育費も3月から発生となっていたのです。でも、実際には子ども達の意向で新学期に入ってから引越しをする予定。ここで夫が何か言わないか、また後日なんてことにならないか、ドキドキしました。
でも、夫は何も言わず、署名を終え、協議書が製本(?)されるのを待つ間に、ボソッと「3月になってたね。」と言いました。そんなことで揉めてもしょうがないし、当事者間が分かっていることだから何も言わなかった、ウチは円満離婚だからというようなことを言いました。

これからいろいろな手続きや引っ越しで、たくさん年休を取ると思うので、こんな些細なことで出直してくるなんてことにならず、ホントよかったです。

この後、役所に寄り、私の賃貸契約の保証人となる夫に印鑑証明書を取ってもらいました。それから夫は仕事へ行き、私は夫の印鑑証明書を持って不動産屋さんへ、無事に賃貸契約も完了しました。

この日は精力的に動きました。引越し業者にも見積もりに来てもらい、業者の選定も終わりました。

こんなにも淡々と進められるものなのだなと自分で自分に感心していたのですが、、、引っ越し費用のためにと銀行へ行って財形口座からなけなしの貯金を下ろした時、子ども達の教育資金となるはずだったのにと思うと、申し訳ないというか、情けないというか、よくわからない、いろんな感情がこみ上げてきて、ちょっと落ち込みました。

後戻りはできません。これからいっぱい働きます。奨学金や教育ローンなど方法はいくらでもあるはずです。前進あるのみ、です。