契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

本当はお父さんの方がよかった

f:id:Hikari3:20171109235342j:plain

いつもは前倒しで宿題などを片づける下の子が、ゴールデンウイーク最終日になって全く手つかずだったことが判明、さっさと済ませるようお尻をたたいていました。とはいえ、初めは馬ニンジン作戦。早く済ませて買い物に行こう、買い物ついでにランチは外食しよう、何が食べたい?などなど。それでもまるで身が入らず、「新町の家ではやる気でないなー。元町の家ではちゃんとしてたのになー。」なんて言い出す始末。時間だけが過ぎていき、私もだんだんイライラ、脅しに出ました。自分のことをちゃんとやらない子はもう知らない。お母さんもお世話しない。(下の子)のおやつは買わない、ご飯も作らなーい。普段から繰り返されているやり取りです。でも、この日は何かが違ったようです。

「ほら、お母さんはこんなだ!(下の子)は、本当はお父さんの方がよかった!!うわああああ!!!」

急に大声で泣き出してトイレに籠ってしまいました。鍵をかけて、お父さんがいい、お父さんに会いたいとわんわん泣いています。しばらく泣かせることにしました。近寄ろうとする上の子にも、そっとしておくよう言いました。

しばらくして、泣き声が小さくなったころ、上の子に上靴を洗いに行くよう言い、トイレのドア越しに話しかけました。これだけは分かって欲しい、お母さんが勝手に2人を連れて来たんじゃないこと、お父さんとお母さん2人で話し合ってこうすることに決めたこと、気が済むまで籠っていていいこと、でもトイレに行きたくなったら出てもらうかもしれないこと。

するとトイレから出てきて玄関へ向かいました。これからお父さんの所へ行くというのです。そんな風に勝手に行くことはできないというと、玄関に座り込みわあわあと泣き続けました。私は、ごめんね、辛いね、などと言いながらその背中をさすってやりました。

上靴を洗い終えた上の子が、お父さんに電話しよう!と自分のキッズケータイを持ってきました。私は、このタイミングで電話をかけて欲しくなかったのですが、以前かけたい時はいつでもかけていいと言ってあったので、自由にさせることにしました。下の子が今から行くというと、今は外出していて家にいない、遊びに来るならお母さんと相談した上で連絡してきてという返事だったようです。

私が昼食の準備を始めようとすると、下の子が「いい作戦がある。」と言ってきました。レストランで食事を待つ間と、私が買い物をする間はショッピングセンターの憩いスペースで宿題をするというのです。やっとやる気を出したならそれでいいと思って上靴だけは外出前に洗うよう言い、その間に私は出かける準備をしました。レストランでは少し宿題に手を付けることができたのですが、ショッピングセンターの憩いスペースでは、以前あったテーブルと椅子が撤去されており、結局できませんでした。

家に帰ると「いい作戦だと思ったのに、ダメだったね。」というので、宿題に手を付けるかと思えば、またもダラダラし始めました。私がきつめに注意すると、「ほらね、お母さんとはすぐに喧嘩になる。お父さんとは喧嘩したことないよ!?」と、また始まりました。この時は、宿題をやりたくないことの言い訳に離婚を持ち出しているように感じました。ここでは厳しく言い返しました。そんなことはない、お父さんとも喧嘩することはあった、お母さんと喧嘩になるのが多いのはお母さんが宿題をみることが多いから、お父さんは宿題をみてやることがほとんどなかった。

下の子は、今度は寝室に逃げ込みました。追いかけて行って捕まえて、宿題をやりたくないならやらなくていいので、先生に手紙を書くよう言いました。「やりたくないからやりません」と書くように言いました。宿題は先生との約束であって、お父さんもお母さんも関係ない、やらないのなら先生に手紙を書きなさい。結局、手紙は書かず、夜遅くまで、また翌朝も早く起きて、遅刻ギリギリまでかかって宿題を終わらせて学校へ行きました。

夕食時、下の子は食事が進みませんでした。ここは甘やかしてやろうと、あーんで食べさせました。お箸で下の子の口へ食べ物を運ぶうちに、私が「ウィーン、ガチャ。ウィーン、ガチャ。」と効果音を付けロボットアームごっこで食べさせました。下の子はクスクス笑いながら喜んで完食しました。上の子がお風呂に入ったので、下の子と2人きりになりました。私が、「お母さんとご飯食べると楽しいでしょ。」と言うと、下の子は笑顔で頷きました。私は続けました。「喧嘩になること多いけど、こうやって楽しい時もあって、、、まぁまぁだと思うんだよね。これからもまぁまぁでやっていかない?」下の子は、黙ったままウンウンと頷きました。まぁまぁやっていけそうです。


実は、上の子とは元夫の所でのお泊りから帰って来た日に、これからの生活はこんな感じになる、悪くないでしょ?と話をしていたのですが、下の子とは全然やっていませんでした。まだおチビさんだからと何もしなかったのがいけなかったように思えて、この日ちょっと無理にそんな話をしました。話せてよかったと思います。


「お父さんの方がよかった」と言われた時は、母があんな変なことを言ったせいだと一瞬母のことを恨みました。今思えば、遅かれ早かれこういう事を言い出したような気がします。
子ども達が元夫に電話をかけたのもあって、この日の様子を元夫に伝えようかとも思いましたが、これは私と子ども達の間で解決していかなければいけない事のように感じて伝えないことに決めました。

まぁまぁやっていけそうです。

あの人と和解する―仲直りの心理学 (集英社新書)

新品価格
¥713から
(2018/5/9 21:48時点)