契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

離婚に伴う手続き1

f:id:Hikari3:20180324093058j:plain

離婚届を提出した時に、まだ別居しておらず同居中であることを正直に書いてしまったため、転居届を出せずに住民票を移動できませんでした。

hikari3.hatenadiary.jp

結果、その日にできたのは、離婚届の提出と婚氏続称届のみ。残りは後日に持ち越しとなりました。手続きについていろいろ調べたつもりでしたが、実際にやらないと分からないことがたくさんあります。

hikari3.hatenadiary.jp

後日、いろいろとやっつけるつもりで役所へ出向き、まずは転居届を提出しました。転居手続きが完了するとリストを渡され、教育総務課・健康支援課・こども課へも行くよう案内されました。

教育総務課
校区の確認でした。ここから学校へ住所変更の連絡が行きます。校区内での引越しだったのでこれ以上のことはありませんでした。

健康支援課
こども医療助成についての手続きでした。これまでは助成を受けた場合、世帯主である夫の口座へ振り込まれていたのを私の口座へ変更するものです。子ども達は予防接種以外で病院にかかることがほとんどなくなっていたので、このような助成金があることもすっかり忘れていました。役所の方に案内してもらったことに感謝です。

・・・でも、その手続きに、子ども達の保険証と私の通帳を窓口で提示する必要があるとのこと。子ども達の保険証は私の扶養に入れるため、住民票の変更をしたこの日以降に変更の手続きをします。結果、この日は何もできず、新しい保険証ができたらそれをもって窓口へ戻ってくるよう言われました。メールもFAXも郵便もダメ、必ず窓口へ原本を持ってくるようにとのこと。

こども課
児童手当の手続き、受取人の変更です。これは私の頭にもちゃんとありました。大事な収入源ですからね。必要だったのは、その場で記入した書類、通帳、マイナンバーカード(通知カード)、さらに元夫がもう受給しませんということを届け出るための受給消滅届というものも必要でした。この書類も元夫の所へ持って行って記入してもらい、また窓口に提出する必要がありました。


役所のこういうところってホント理解できません。何をするにも窓口へ来てください、それも何度も何度も呼び寄せる感じです。車のローンだってiDeCoの口座開設だって、ネットと郵便で手続きできました。なのに役所となると書類を貰うのも窓口で、提出するのも窓口で、一体何日年休を取ればすべてが終わるのでしょう。書類はダウンロードできるとか、郵便で受け付けるとか、どちらか一方でも対応して欲しいものです。


話がそれましたが、児童扶養手当もこども課での手続きです。支給額が0円だろうと思い込んでいたのですが、話を聞いてみるとどうやら一部支給されそうだというので、申請してみることにしました。

 

最新オールカラー版 これだけは知っておきたい 図解 離婚のための準備と手続き 改訂4版

新品価格
¥1,512から
(2018/5/17 21:57時点)