契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

離婚に伴う手続き3 ~児童扶養手当2~

f:id:Hikari3:20180324093058j:plain

ひとり親家庭の証明書を作成するため、民生委員のリストを貰いました。早速上から順番に連絡すると2人目の方と都合が合い、訪問していただけることになりました。お客様が来るとなると掃除を!と思うのが普通ですが、その時は引っ越して1週間も経っておらず、部屋の中はまだまだ段ボール箱が山積み、、、引っ越したばかりということが部屋が片付いていない事の言い訳になるラッキーと思っていました。(笑)ま、1か月経った今も片付いてないんですけどね。

ひとり親家庭であることを証明するためにわざわざ来訪するということは、寝室や洗面所、靴箱などもチェックするのかと思っていました。金曜日の夕方、来訪した民生委員さんは、特にあちこち目を光らせているという素振りもなく、「あら、引っ越したばかりなのね~。」などとごく一般的な世間話をしただけで、用意した書類に目を通しました。書類には、家は近いが完全に別居である、養育費以外の援助はない、賃貸契約の保証人になったのは他にお願いできる人がいなかった、などの事を書いておきました。てっきりその場で署名してくれるかと思えば、持ち帰って記入するので週明け月曜日の夕方に民生委員さんの自宅へ取りに来るよう言われました。署名捺印以外、なにも記入する項目もないんですけどね。

もしかしたらその週末、元夫の行き来がないか、男物の洗濯物が下がってないか見張られるのかしら?とも思いました。そんなことを気にしてもしょうがないので、車の点検に行ったり、以前から子ども達との約束だった遠出をしたり、引越しの忘れ物を取りに元夫の家へも寄りました。月曜日、民生委員さんの自宅へ行くと、問題なく署名捺印された書類を受け取ることができました。


役所の担当窓口に予約をし、用意した書類を携えて、窓口へと出向きました。持参した書類を確認した後は、窓口で担当者さんと一緒に申請書類を記入しました。「こちらに氏名を」「こちらに丸を付けて」と1つ1つ指示されながらの記入でした。離婚理由やこれまでの経緯、現状報告の部分になると、今、交際している人がいないかという部分も含めて、私に聞き取りをする形で、担当者さんが記入しました。元夫が私のアパートに来ることはないかという部分はとても細かく聞かれ、来させないようにと念を押されているように感じました。その傍でカウンターの上には「面会交流のすすめ」みたいなパンフレットが置いてあり、違和感も感じました。

そのパンフレットを指さし、「面会交流はありますよ。」と言いました。それに対して「送り迎えがあっても、前夫さんがいらっしゃるのは駐車場までですよね。」と、そんな感じです。1歩でも部屋に足を踏み入れたなら手当はなし!と言われている気がしました。入居時に組み立て家具の組み立てで元夫に来てもらっています。そんなことで手当てが出ないなどとなって欲しくないので、正直に伝えました。さらに子どもの成長に合わせて高さを調節する椅子をダイニングで使っているので、その調整のために年に1回程度来てもらうことがあるだろうということも話しました。

あと、必要なのは水道光熱費の領収証です。

 

必ずよくわかる! 離婚の手続き・すすめ方・お金 [ 比留田薫 ]

価格:1,404円
(2018/5/22 22:07時点)
感想(1件)