契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

離婚して困ったこと(2か月経過)

f:id:Hikari3:20180605205426j:plain

離婚して、引っ越して、もうすぐ2か月になります。以前、「片親になって困りそうなこと」を半分想像で書いたのですが、実際に困ったことを書き出してみたいと思います。

【組み立て家具】
先日書いた通り、組み立て家具の組み立てに失敗しました。以前なら、こういうのは元夫に丸投げだったし、失敗したならば腹を抱えて笑っていただけでした。でも、今は自分で組み立て、自分で修復、ちゃんとできたのでいいんですけどね。

【背中に軟膏を塗ってくれる大人がいない】
虫刺されとか背中ニキビとか、軟膏はお風呂の後に塗りたいですよね。私がお風呂に入るのは、子ども達が寝静まった後。塗って欲しい時には、2人はすでに夢の中なのです。独りで腕をひねって塗ろうとして、背中が攣ったりとか、小さなことですが、地味に困ります。

【豆腐を3つに分けるのが難しい】
豆腐1丁を切り分けて冷奴で食べたい時、4つに切るのは十字に切ればよかったので簡単でした。でも、今は3つに切らなくてはならず、これが結構難しいです。
それに対して、お気に入りでよく買うレンチンの焼売(9個入り)があります。4人家族だった時は、1人2個ずつ食べて最後の1個を誰が食べるかでバトルでした。でも3人家族となった今は3つずつ食べればいいので嬉しいです。子ども達は3つ目を食べる前に元夫が座っていた席にお供え物のようにして食べます。

【食洗機が恋しい】
これはもう単純に恋しいです。しかも下の子が生まれた後に再就職した時の就職祝いだったんですよね、元夫からの。ま、家電好きなので本人も使ってみたかったんだと思います。もう何年も食洗機で洗っていたので、手洗いの仕方を忘れていたぐらいです。いや、忘れていたというのは語弊がありますね。ただ、家事って、自分のやり方、流れがあるじゃないですか。グラスを先に洗うとか、どのように積み重ねていくとか、そういう自分の流れがもうなくなっていて、あれ?どうやるんだっけ?と、しばらく困りました。
そういえば食洗機を使い始めた時も、どこにどの食器を入れればきれいに入るのか試行錯誤したのを思い出しました。タッパー類は陶器で抑えないと上向きになって水が溜まって洗われないんですよね。
最近は、上の子が洗ったり、すすいだりを手伝ってくれます。子ども達はキッチンが(高さ・奥行が)小さくなったので手伝いやすいと喜んでいます。


しょうもないことばかり並べましたが、今のところ困っているのはこんなトコです。