契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

円満離婚のメリット

f:id:Hikari3:20171024201543j:plain

私は、円満離婚をしました。過去に何度か書いてきましたが、ドロドロ離婚劇になる前に、ちゃんと建設的な話し合いが持てる内に離婚する方が得策だと思っています。

実際に円満離婚を経てもうすぐ3か月。離婚前は見えていなかった円満離婚のデメリットも見えてきました。ここで円満離婚のメリット・デメリットを書いてみたいと思います。

まずはメリットから。。。


養育費
言わずもがな、、ですね。これがドロドロ離婚劇となると、もう1円も要らないからとにかく離婚!と優先度が変わってしまうことも少なくないと思うのです。きちんと話し合いができれば、養育に必要な額を取り決め、公正証書を作成、ちゃんと確保することができ、実際に期限内に振り込まれています。
とはいえ、まだたったの2回分。数年後にまた検証する必要がありますね。


面会交流
子ども達が面会交流を持つことが本当にいいことなのかは正直分かりません。でも、親が離婚したとはいえ、「父親がいない子」にすることがないという意味ではいいのかな~と、ただもやっと思っています。何より、多くのお偉いさんが面会交流を勧めているのできっといいことなのだろうと漠然と思っています。

母親の立場としては、面会交流を持たせることで、私自身の自由時間ができるのは嬉しいことだと素直に感じています。家庭の主婦って専業でも兼業でも自分一人だけの時間ってなかなか持てないですよね。なのに自分の買い物に行ったり、お泊まりの夜は飲みに出かけることもできます。

でも、離婚前と今とでは少し考えが変わってきたのも事実です。離婚前はもっと多い頻度で元夫に預けようと考えていました。例えばインフルエンザなどの回復期で本人は元気だけど学校に行けない時など、自分の年休を使い過ぎないように協力を求めようなどと考えていました。でも今は、会わせるのは最小限に抑えたいという気持ちが大きいです。離婚したいと言い張って、子ども達との日常の幸せを手放した元夫に子ども達との時間を持たせるのは最小限でいいという、元夫に罰を与えたいというか、そんな卑しい気持ちです。

これまで元夫の協力を求めれば、少し楽になる場面もありましたが、敢えて求めず一人でバタバタと走り回っています。これもまた子ども達と一緒に暮らす幸せの一部だと考えて楽しんでいます。

 

子どもの幸せを守る円満離婚のカンドコロ [ 高橋健一 ]

価格:1,296
(2018/6/26 21:27時点)
感想(0件)