契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

離婚に伴う手続き4 ~年金3号分割~

f:id:Hikari3:20180324093058j:plain

離婚に伴う手続きってたくさんありますね。
年金事務所で3号分割の手続きを済ませました。事前に電話で問い合わせた際、案内された必要書類は以下の通りです。

年金手帳など年金番号が分かるもの
戸籍謄本(婚姻期間が分かるもの)
免許証(私の)
認め印

ここで変な感じがしたのは、私の戸籍は離婚した時に新しく作ったものなので、私の戸籍謄本には生年月日以外に離婚日以降の情報しか載っていないということです。私の婚姻期間でもあるはずなのに、それを証明するには元夫の戸籍謄本を入手する必要があり、その中の私の名前が「除籍」となっている部分、それが証明になるというのです。一応、この戸籍謄本が相手が生存していることの証明にもなるので発行から1か月以内のものをと説明されましたが、自分の婚姻期間の証明方法にちょっとした違和感を感じたのが正直なところです。

本来であれば、元夫に取りに行ってもらうか、委任状を書いてもらう必要がありますが、幸いにもこの時、子ども達が元夫の籍に入ったままでした。親子間であれば委任状は必要なく戸籍謄本を取ることができます。私は役所で子どもの戸籍謄本をとるという名目で必要な書類を揃えることができました。


年金事務所では、まず私の記録を全て出してきました。国民年金の期間、厚生年金の期間、未払いの期間、第3号被保険者の期間、今の名前、旧姓、別の漢字になってないかなども全て調べていました。

ここでまた、私が見落としていたのは、3号分割は平成20年4月以降しか適用されないことと、それ以前に数か月間扶養に入った期間があったことです。私は結婚後も子どもが生まれる前後以外はほとんど仕事をしていたので、ほとんど自分で厚生年金を払っていました。ですが、ほんの数か月、3号分割では分割されない期間が発生してしまいました。

これをめぐって元夫と少し揉めましたが(この話は後日)、結局そのまま3号分割を手続きしました。担当の方は、請求期限は離婚から2年なので、それまでに合意が取れたら、また合意分割の手続きに来ていいと教えてくれました。

できるゾ離婚やるゾ年金分割―女性のみなさまお待たせしました!

中古価格
¥290から
(2018/7/20 00:00時点)