契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

離婚に伴う手続き5 ~子どもの戸籍の移動~

f:id:Hikari3:20180324093058j:plain

いろいろある離婚に伴う手続きの内の1つ、子ども達の戸籍の移動が終わりました。正式には、「子の氏の変更許可の申立て」と言い、子ども達が名字を母親の名字に変更するという申し立てを親権者である私が法定代理人として申し立てたという形だそうです。でも、私は「離婚の際に称していた氏を称する届」を出してあり、旧姓に戻っていません。なので、「申立人の氏(山田)を母の氏(山田)に変更することの許可を求める。」というヘンテコな書類を書きました。たくさんの人がこんなヘンテコ書類を書いているのでしょうね。。。

その日、家庭裁判所に提出したのは以下の通りです。
申立書
収入印紙 800円×2人分
82円切手
子ども達の戸籍謄本
私の戸籍謄本

家裁まで行くのが面倒と言うだけで、手続き自体難しいことはありませんでした。申立書は家裁に備え付け、収入印紙は隣の地方裁判所(合同庁舎だったかな?)の売店で購入、切手は家裁でもらった封筒に貼り付け、その封筒は返信用なので、私の住所氏名を記入しました。

その後、案内された通り3週間ほどで審判書が郵送で届きました。審判書を携えて、役所で入籍届を提出することで手続きが終了、子ども達2人分なので、入籍届を2枚書くのが疲れました。

離婚に伴い名字を変えなかった理由の半分は、面倒な手続きに名前変更の手続きが加わって、より面倒になる!ということ。残りの半分は、子ども達が嫌な思いをするかもしれないのでそれを避けるということでした。なのに、ウチの子達ときたら。。。

「えー、名字変わらないの?変わると思った!」
「父氏上の子。母氏上の子。母氏の方がいいな。」
「父氏下の子。母氏下の子。うん、母氏の方がいいな。」

などと勝手なことを言っておりました。

本音を言うと私も旧姓の方が好きです。なんとなく響きが都会的だし、発音した時に伝わりやすいし、何より画数が少ないので書くのが楽です。でも、もう手遅れです。。。

難読 珍名 日本人の名字 クイズ (DIA Collection)

新品価格
¥880から
(2018/3/14 21:08時点)