契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚、、成立しました。

最悪だった面会交流

f:id:Hikari3:20181206213631j:plain

先月の面会交流は最悪でした。子ども達は何とも思っていないでしょうが、私にとっては最悪、ムカつくことがたくさんありました。あり過ぎてまとめられないので、だらだらと長くなりそうです。

先月の面会交流は日曜から月曜にかけての1泊2日でした。月曜が学校行事の振替休日だったので、この日程にしようというのは元夫の提案、その方が私が年休を取らずに済むので賛成しました。私はてっきり元夫が年休を取るものだと思っていたのですが、そうではなく在宅勤務に切り替えただけで、休みは取っていないという事が直前に分かりました。子ども達には、土曜日の内に宿題を済ませて置けば?と話しましたが、「お父さん家でやる。」「どうせ月曜日は遊べないから月曜日にやる。」との返事でした。

面会交流の当日、約束通り午前中に子ども達を元夫の家へ送っていきました。その時、元夫が年末年始の予定を聞いてきたので、遊びに行く予定があると答えました。去年まで子ども達が元義母の家で年越しするのが恒例になりつつあったので、今年はどうなるのか確認で聞いてきたのだと思いました。


翌日、仕事を終えて子ども達を迎えると、冬休みもお父さん家に行っていいかと聞かれました。12月の面会交流はもう日程が決まっていて、クリスマス・年越しはホテルを予約してあります。その予定を確認すると、下の子はがっかりした様子でした。それを受けて上の子が、おばあちゃんも年越しに泊りに来るよう誘ってた、下の子が二つ返事で応じていたので、すでに予定があると慌てて断った、などと説明してくれました。
元夫は何をしているのか、なんで勝手に誘っているのか、年末年始の予定を確認したのは何だったんだ?沸々と怒りが湧きました。


さらに出張土産にもらったというグラスの話になりました。なんと1個5千円もするというのです。それを2人に1個ずつ、合計1万円、ムカつきました。私は、子ども達を元夫の家へ送った後、買い物にでかけていました。子ども達の服や下着など、少しでも安く収めようと、しまむらやサンキをハシゴしていました。そんな時にたかがグラス1個に5千円。「へー、プレゼントの値段を言っちゃうんだ、お父さんって卑しいねぇ。」とだけ言いましたが、500円のTシャツ10枚もらう方がよっぽどいいわぁ!と心の中で叫んでいました。これを書きながらもムカつきます。今週は下の子の靴と上靴を買いに行かなくてはなりません。


そして家に着くなり、下の子が宿題やってないと言い出しました。急いで済ませるように言い、夕食の準備をしようと週末に買った大根を取り出すと、子ども達の機嫌が一気に悪くなりました。
「また、大根!?昨日、おばあちゃん家でも大根だった。今日のお昼も大根だった。また!?」
私は、週末に大根が安売りだった、安売りというのは旬だから、おいしいから、2人においしい大根を食べて欲しくておばあちゃんもお母さんも買ったんだ、などと説明しましたが、そんなんで2人の機嫌は直りません。小さなことですがムカつくことの1つです。普段、葉野菜炒めばかり作っている私にとって大根を買う事はちょっとハードル高めでした。それでも頑張ってみようと、やる気を出して買った大根をこんな風に言われてはムカつきます。


そこから下の子の機嫌は一気に悪くなりました。スイミングに行った疲れもあったと思います。漢字練習の宿題が3ページも残っています。癇癪を起し、寝室に籠ってわんさか泣き始めました。なだめようと声をかけたり、抱っこしようとしたりしましたが、暴れる一方でどうにもなりません。しばらく泣かせておくことにし、夕食の準備を進めました。準備ができたので夕食にしようと声をかけますが、要らないと言います。半分おふざけ・半分無理やり座らせようとしますが、聞きません。そして一瞬の隙を突いて外に出て行ってしまいました。私は慌てて追いかけましたが、どうしたらいいのか分かりません。苦し紛れに「ドライブ行こっか。」というと、立ち止まって頷いてくれました。鍵を取ってくると伝え、家に戻り、上の子にちょっとドライブしてくること、先に食事を済ませることを伝えました。出際に上の子に呼び止められたので、何かと思うと、「デザートはチョコでいい?」とデザートの確認でした。マイペースな上の子です。

車に乗り込んで下の子にカーナビを操作させ、どこまでドライブに行くか決めさせました。どこまで行かされるかドキドキでしたが、遠回り・回り道を入れつつも、町内をぐるっと1周ぐらいだったので安心しました。これだけでよかったのかもしれませんが、百均にも寄ってクリスマスの飾りを1つ買うと提案しました。下の子がお家に帰りたくなる楽しみを1つ作ろうという考えです。その後はすんなり家に帰り、夕食もちゃんと食べ、遅くなったので宿題はできませんでしたが、翌朝ちゃんと済ませて学校へ行きました。


元夫の家では、宿題とか明日の準備とかうるさいことを言われることなく、任天堂スイッチとか楽しいことばかり。家に帰るとつまらない日常だとなると、子どもがこういう反応をしても仕方ないのかなと思います。元夫の対応を正さなくてはいけません。

 

面会交流と養育費の実務と展望第2版 子どもの幸せのために [ 棚村政行 ]

価格:3,456円
(2018/12/6 21:37時点)
感想(0件)