契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。母子家庭生活を綴っています。

家計やりくりの敗因

f:id:Hikari3:20171208224523j:plain

7月から(8月は抜けましたが)家計簿をつけてきて、何にお金がかかっているか大体見えてきました。お金かけすぎじゃない?と指摘されて仕方ないと思うのは、外食費です。しかも、これ、ほとんど全て、私の平日のランチ代です。

独身時代からお弁当を作っていくというのは殆どやったことがなく、ランチは外食ばかりでした。ランチ場所に乏しい環境で仕事をしたこともありますが、そういう時でもコンビニ弁当などを利用し、自分で作っていくことはしませんでした。料理下手なので作りたくない、職場の人に見られたくないというのが理由です。これまでの習慣を急に変えられず、私は外食派だと認識されているので周りの人が誘ってくれるのもあり、ランチは外食を続けています。

週末にも子ども達と外食することがあります。でも、それは外食費には殆ど入れていません。映画など娯楽で出かけた時の外食は、これも娯楽の一部と娯楽費に入れています。プログラミング体験など教育の一環で出かけた時の外食は教育費に入れています。つまり、集計した時に外食費が大きく飛び出ないようにズルをしています。出かけた時も食事は必要で、でも自炊できる環境じゃないのだから、娯楽費などの一部として構わないですよねぇ。本当はお弁当を作って行ける場所もありますが、料理下手なのでやる気なしです。

その代わりと言っては何ですが、持ち帰りピザや持ち帰り寿司など、いわゆる中食は外食費として集計しています。自宅での食事なので自炊できるのに買ってきたものでちょっとお金かかってるということで外食扱いです。でも、お寿司は回転寿司に行くと次々流れてくるので子ども達も楽しくなって、つい食べ過ぎてしまいますが、持ち帰りなら買ってきた以上に食べることはできないので、お店で食べるよりは安くつきます。また、お店に行けば運転して帰らないといけないので私もお茶を飲むしかありませんが、中食なら私もビールを楽しめます。実際には発泡酒ですけどね。

 

【あす楽】【送料無料】サントリー 金麦 350ml×2ケース【北海道・沖縄県・東北・四国・九州地方は必ず送料が掛かります。】

価格:5,635円
(2018/12/17 21:55時点)
感想(2件)