契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。母子家庭生活を綴っています。

円満離婚のデメリット その3

f:id:Hikari3:20180605205426j:plain

我が家の家計簿を振り返ってみて、これも円満離婚のデメリットかなぁと思えてきました。

生活水準を下げられない

泥沼化する前に円満離婚したので、子ども達にとって元夫はいい父親のままです。たまにしか会えない今、元夫は張り切っていい父親を演じることでしょう。そんな中、私が子ども達にお出かけなどを我慢をさせたら、節約節約!と号令かけたら、食費をガンガン切り詰めたら、子ども達が「もうお母さんとは暮らしたくない。お父さんと住む。」と出て行ってしまうのでは?と怖くて生活水準を下げられません。自信がないのです。

転校しなくて済むように校区内で引っ越したので、元夫の家は近いです。子どもの足でも歩いて行ける距離です。なので余計に子ども達が勝手に行ってしまうのではないかと怯えています。離婚したことで、いろいろ不自由していると思わせたくないのと、お父さんと住むほうがいいと思わせたくないのと、いろいろな感情が入り混じって生活水準を下げられません。


でも、これって私自身が勝手にかけている呪縛でしかないんですよね。子ども達にとってはアパートの住むことになった時点で生活水準は下がっています。実際に言われましたし。

hikari3.hatenadiary.jp

ただ単に上手に節約生活できていない自分が作った言い訳、甘えなのかもしれません。

 

弁護士が語る我が子の笑顔を守る離婚マニュアル 円満離婚のススメ / 白井可菜子 【本】

価格:1,620円
(2018/6/26 21:28時点)
感想(0件)