契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。母子家庭生活を綴っています。

どこまで離婚を報告するか 職場編

f:id:Hikari3:20180324093058j:plain

人事部へはもちろん離婚手続きと同時に報告しました。住所変更や子ども達の社会保険の手続きなども速やかに済ませました。

いつも一緒にランチをしている職場の友人には、報告どころか「Xデーはこの日よ!」と予告もしていました。ずっと相談に乗ってもらっていたし、実は今のアパートを見つけてくれたのも彼女です。もともと物件情報を見るのが好きだそうで、私が物件探しを始めると、頼みもしないのに物件情報のリンクをどんどんどんどん送ってきてくれました。いい物件に出会えない焦りの中、私の条件に合わない物件情報まで送ってくるので、内心イラッとした日もありましたが、最終的には彼女が送ってきてくれた情報で今の部屋に決まりました。

彼女以外にも一緒にランチに行く友人達には、折を見て報告しています。みんな驚きますが、基本的には応援してくれます。逆に驚くのは、「実は私もバツあり。今のダンナとは再婚なの。」という人もちょいちょいいること。今の時代、離婚ってそんなに珍しいことじゃないようです。

直属の上司にも報告しました。引っ越して1か月ほど経った頃、下の子が学校へ行きたくないと駄々をこねたことがあり、説得して学校まで送って、私が遅刻した日がありました。その時はもっともっと頻繁にそういう事が起きるかもしれないと思ったので、そういう懸念も含めて上司に報告しました。それで4月はたくさん年休とってたのかと納得していました。引っ越しやら手続きやらでたくさん休みました。

同じ職場とはいえ、普段会話もしない人もいます。ただ廊下で会うときに挨拶する程度の人、そういう人に私のプライベートを報告する必要はないと思っています。


困るのは同じ部署だけど、一緒にランチなどしない、友人とは言えない人。同じ部署のお局様です。お局様自身、その昔はシングルマザーでした。今はもう子ども達も独立し、本人は再婚し悠々自適の生活です。そういう点では話しやすい相手だと言えますが、、年齢的なものでしょうか、とにかく声がデカいのです。もしも報告したら、「もっと早く言えばいいのに!お前も母子家庭か。ガハハハッ。がんばれよ!」などとフロア中に聞こえる声で言われるのは目に見えています。

するとフロア中の小局様たちが噂を立てるのも目に見えます。離婚原因は浮気だったとか勝手に決めつけられそうです。もしかしたら私が浮気したことにされるかも知れません。そんな噂をいちいち訂正して回る気にもなりません。そもそも一緒にランチなどしない人達なので、訂正する機会もありません。

結局、職場で報告すべき人達には報告した、報告完了としたほうがよさそうです。

 

会社では教えてもらえない 上に行く人の報連相のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】