契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。母子家庭生活を綴っています。

不注意優勢型ADHDっ子のドタバタ劇

f:id:Hikari3:20190321231514j:plain

診断を受けたわけではありませんが、私は上の子が不注意優勢型ADHDのグレーゾーンだと思っています。

hikari3.hatenadiary.jp

そんな上の子のドタバタ劇が続いています。学校の部活動の時間に学校の備品を壊してしまったのは先日書いた通り。

hikari3.hatenadiary.jp

小学校の部活は父母会が主体となって運営し、学校は場所を貸しているだけという形なので、備品の修理について業者への連絡、保険手続きなども全て父母会で行います。

そんなこんなで「小学生の部活って大変ね。」という愚痴話を姉にしたところ、「そういえば、(上の子)、この前お泊りに着た時も、ウチのハンガーラックを壊したよ。(笑)」と言われました。やっぱり、うっかりさんだからあれこれ壊すんだろうなぁと思っていると、、、私の目の前で、なぜか体温計を味噌汁の中に落として見事に壊してくれました。

部活父母会のグループLINEで、備品修理の保険手続きの書類に署名捺印するようメッセージがきました。そしてその通り上の子が書類を持ち帰って来たので、署名捺印し、ランドセルに入れさせました。書類は会計係を担当しているお母さんの娘さんに渡すことになっていました。翌朝、職場にいる私に、上の子が「学校へ出発します」という電話をくれた時、「書類はちゃんと持ってるね、渡すの忘れないでね。」と念を押しました。その日、上の子は部活があったので、私が先に家に着いたのですが、テーブルの上に封筒に入った書類がそのまま置いてありました。。。

その翌日、確認するとちゃんと渡したと言うので安心していたら、LINEで催促がきました。改めて確認すると、会計係さんの娘さんの教室を訪ねたがいなかったので、そのクラスの子にことづけたというのです。つまり、その時点で書類は行方不明状態。。。私はLINEで平謝りでした。翌日には無事に届けられたので安心しましたが、上の子の責任感のなさをこっぴどく説教しました。


小学校で卒業式があった日、低学年の下の子は休校だったので英語教室兼学童へ送っていきました。上の子は在校生側として卒業式に出席するので、白いブラウスで登校、午前中で終わり、1人で留守番でした。着替えた、お昼食べた、宿題した、片付けした、明日の準備した、やるべきことが済んだのを電話で確認してパソコンの使用を許可しました。パソコンやタブレットの使用は1時間まで、30分経過で5分休憩をはさむことが我が家のルールです。スクラッチなどならもっと時間を上げてもいいかなと思いますが、だいたいYouTubeでアホな動画を見てるだけなので1時間で十分です。

夕方、下の子を迎えて家に着くと、バタバタッと上の子が慌てる様子がありました。明らかに約束の時間を超えてYouTubeを見ていたようです。なのに「今、ちょうど2回目の30分が終わった。」と見え透いた嘘をつきました。翌日の準備ができているか確認すると、片付けたはずの教科書やプリント類がランドセルに突っ込まれていました。翌日は修了式です。そんな大量の教科書やプリント類が必要なはずはありません。嘘をついたことを叱りつけてその日は終わりました。

子ども達が寝室に入った後、洗濯しようとすると上の子のスカートのポケットからマスクが出てきました。洗濯物のポケットに物を入れたままにしないよう何度も言っているのに。。。そして、上の子がその日着た白いブラウスが見当たりません。部屋の中を探すと、ダイニングの上の子の椅子に下敷きになっていました。汚さないために食事の前に着替えたはずがこれでは意味がありません。さらに、その周りにも鉛筆やら消しゴムやら散乱したままでした。上の子はダイニングテーブルの向こう側に座るので、その足元は私の視界に入らないのです。もっと注意して、回り込んでみるようにしなくてはなりません。翌朝、上の子をたたき起こし、ブラウスがないので探すように言いました。朝からお説教です。下の子が起きてくる前にお説教を終えたかったのですが、私がヒートアップしてしまい、下の子が起きてしまいました。


その日は修了式。節目であり、春休み突入という楽しい日のはずが、朝からガミガミ説教でした。なんだか居たたまれない気持ちになり、帰りに小さなケーキを買って帰りました。もちろん、「朝から説教してごめん。」なんて言いません。修了式のお祝い、1年間お疲れ様ということにしました。

 

図解よくわかるADHD 発達障害を考える・心をつなぐ 注意欠陥多動性障害 [ 榊原洋一 ]

価格:1,620円
(2019/3/21 23:18時点)
感想(16件)