契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。母子家庭生活を綴っています。

片親になって困っていないこと

f:id:Hikari3:20180329225238j:plain

過去のこの日、こんな記事を投稿していましたと、はてなブログで出てきたので読み返してみると、片親になって困りそうなことを想像で書いた記事でした。

hikari3.hatenadiary.jp

片親になってもうすぐ1年、実際に困ったかどうか振り返ってみます。


外出時の別行動
片親になったことで、外出時に二手に分かれて行動することができず困ると考えていました。同時に、3人で行動することは少なくなかったので不便に感じないかも?と想像していました。結果、大した不便は感じませんでした。


長距離運転
離婚前は、長距離運転をすることが殆どなかったのでちょっと心配でしたが、実際にやってみると大したことはありませんでした。上の子がクラブ活動に参加し始めたことで、月イチペースで高速道路片道1時間を運転するようになったので慣れたようです。


夜間救急
心配していたのは上の子が受診する時、下の子が1人で留守番できるかどうかでしたが、約1年幸いにも救急のお世話になることはありませんでした。
また、1年前は下の子に1人で留守番させることは、かなり不安でしたが、1年たった今、数時間であれば留守を任せられるようになりました。1月に上の子がインフルエンザに罹った時は、1人で留守番してもらいました。
hikari3.hatenadiary.jp

上の子の部活の見守り当番の時も、去年の4月頃は下の子も連れて行っていたのですが、最近は留守番してもらっています。1年でとても成長したと感じます。


1人宿題が終わらない時
上の子が低学年の頃、宿題を終わらせられずに、週末のお出かけができないことが時々ありました。それで上の子が終わってないから下の子がお出かけできなくなることを心配していました。ですが、上の子も成長を見せ週末のお出かけに影響するほど時間がかかるということはなくなりました。


不安に思っていたことが、子ども達の成長に助けられて何でもなくなったようです。今後、さらに成長することで、「こういう時に父親がいてくれたらな。」と思うことがあるのかもしれません。でも、きっと母子家庭であることの慣れが勝ってどうにか乗り越えていけそうな気がします。

 

ひとり親でも子どもは健全に育ちます: シングルのための幸せ子育てアドバイス (実用単行本)

新品価格
¥1,296から
(2018/3/29 22:55時点)