契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。母子家庭生活を綴っています。

アパートの鍵発見!!

f:id:Hikari3:20180410214836j:plain

hikari3.hatenadiary.jp

翌朝、海水浴がキャンセルになったのは台風の影響であることを子ども達に説明しました。そしてその代わりにボウリングへ行く約束をしてあるので、その時間までに絶対に鍵を見つけ出すこと、見つからなければそれもキャンセルし、不動産屋さんへ鍵の交換などの相談に行くと話しました。

わが家はとても散らかっています。クローゼットからはおもちゃが、棚からは勉強道具がなだれ出ています。夏休みという事で学校から絵の具セットやら習字セットやらも帰ってきているので、いつもに輪をかけて散らかっていました。それを1つ1つ片付けながら探すことにし、私も手伝うことにしました。

手伝うからにはもちろん断捨離決行です。大きなゴミ袋を出してきて、わけのわからない紙切れや空き箱をどんどん捨てていきました。いつも床に散らばっていてイライラの種だったファンルームやアクアビーズも処分できました。説得に時間がかかったのは、工作作品。できあがって先生の評価をもらった後は何の役にも立たないガラクタでしかありませんが、子ども達にとっては大事な作品、記念写真も撮って終わったのに捨てられないというのです。そんなに大事ならちゃんと片付けておきなさいといつものように言って聞かせました。でも、その後見てしまったのです、上の子が足で蹴り寄せたのを。蹴ったというのは大事じゃないという証拠!と言い放って無理やり工作作品をゴミ袋に入れました。それを防ごうとする上の子と作品を引っ張り合い、真っ二つに壊れてしまいました。上の子はもちろん激怒していましたが、しばらくすると吹っ切れたのかその後はいろいろなものを断捨離することができました。

でも!鍵が出てきません。部屋は片付き、ごみ溜めのようになっていたクローゼットも整理整頓できたのに鍵が見つかりません。ゴミ箱も漁りました。洗面所もトイレも、冷蔵庫さえもチェックしました。でも、鍵が見つかりません。いよいよ不安になってきました。最後に鍵を使った時、ドアノブに刺したままにしたのか、ドアの外に落としたのか。

靴箱もチェックするようにいうと、上の子が「その日雨だった。」と雨靴の中をチェックし始めました。そして玄関に下げてあったレインコートを手に取りました。鍵はそこにありました!レインコートの袖の中に引っかかっていたのです。その日はレインコートを着たまま鍵を開けて中に入り、トイレに行きたくて慌ててレインコートを脱いだのでそのまま袖の中に鍵が引っかかっていたのでした。

見つかってよかった、部屋も片付いてよかった、と3人で喜びました。友人家族との約束だったボウリングへも無事に参加することができました。

・・・部屋はまた散らかり始めています。