契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

ローン契約、決済、引き渡し、そして。。。

f:id:Hikari3:20180312200850j:plain


タイトルの通りです。ローン契約、決済、引き渡し、1日の内に一気に行われました。

朝一に役所へ行き、住所を変更、新しい住所での住民票と印鑑証明を取って金融機関へ行きました。役所での手続きが妙に時間がかかり、さらに事故渋滞もあり約束の時間に30分も遅れてしまいました。それから数えられないほどの書類に署名捺印。恐らく20回ほど新しい住所を書いたのに最後まで覚えることができず、情けない思いをしました。学生の頃、暗記物の教科は苦手だった私です。。。

それから司法書士の先生に書類が渡り、現金が出てきて、司法書士の先生と不動産屋さんにそれぞれ手数料を支払い、預金通帳を渡されました。通帳には振り込まれた大金、出て行った大金、引き落とされた手数料、引き出された現金などの記録が残っていました。もちろん1つ1つ説明を受けて確認したうえで行われた出入金ですが、今振り返るとこれぐらいしか思い出せません。(^^;)

全てが終了したというのでマンションの鍵といろいろな説明書が入ったバインダーを渡されました。席を立ち、互いに挨拶をして、外に出て駐車場へ。駐車場で改めて挨拶をし車へ向かおうとすると、売り主さんが突然こんな事を聞いてきました。

「事故物件だということ誰かに話しましたか?」

質問の意図が分かりませんでした。秘密保持契約でもあったかしら?同僚にも話した、ブログにも書いた、これで売買契約が無効になるの?たった今大きな借金抱えたばかりなのに?? 

hikari3.hatenadiary.jp

↑この時、都会出身の同僚に言った言葉を思い出しました。「田舎はみんな知り合い。誰かがどこかでつながってる。」誰?誰とつながってるの?頭の中がグルグル回っていました。

「実は子ども達は知らないんです、自殺だという事。」

子ども達はお父さんが亡くなったことはもちろん知っているものの、死因については知らされていないという事でした。ウチの子ども達と年齢も近いので共通の友達もいるかもしれない、できるだけ伝え聞くような事がないようにして欲しいとのことでした。

私は質問の意図が分かったところで一安心。子ども達には事故物件であるという事を話してあると伝えました。他から聞くよりはと思ったので私から伝えた、その事実も含めて話し合ったうえで決めたことを説明しました。そして子ども達ともう一度話し合いをしますと約束しました。

境遇は違えど、彼女もシングルマザー。子どもの事を一番に考えるのは同じだなと急に親近感を持ちました。ベンツに乗っている彼女を羨んだ時もありましたが、彼女にあやかって私も稼げる女になろうと思いました。