契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

オンライン授業になりました

f:id:Hikari3:20180530223611j:plain

夏休みが終わり、子ども達が通う学校は両方ともオンライン授業になりました。オンライン授業という決定が出るまでは、中学校は通常登校、小学校は分散登校になるとの話だったので、下の子だけが在宅になる日は私もテレワークにしてもらおうと職場と相談していました。でも、二転三転した後、結局は小学校も中学校も登校なしのオンライン授業となり、テレワークはなくなりました。学校からChromebookの貸し出しがあるという事で、中学校へは上の子本人が、小学校へは私が取りに行きました。

学校ではオンライン授業に向けての練習も何度かあったようで、借りてくると2人ともサクサクと操作をし、問題なくWi-Fi接続できました。中学校では、教科ごとに使用する端末が変わるそうで、貸し出された端末には数学科というラベルがあり、上の子は自分のアカウントでログインする必要がありました。小学校では、この1年はこの端末と割り当てられているようで、パスワードを入れただけで下の子のアカウントでログインした状態でした。

コロナ禍も1年以上、学校側もいろいろ準備してきたんだなと感心していたのですが、周りの話を聞くとウチの子達は運がよかったようで、対応は自治体によってばらばらなようです。一番理解できなかったのは、午前中授業で給食を食べて帰るという自治体があること。感染リスクが高い給食を食べさせておきながら、午後の授業はなしって意味が分かりません。給食業者を救済するためなのでしょうか、子どもの貧困対策なのでしょうか。

 

理解できないと言えば、私の職場もそうです。去年は100%、今年も前半は50%ほどテレワークさせてもらえてたのに、こんなにも感染者数が増えている今、テレワークは原則なしとなりました。個別の事情は聞いてもらえるものの、医療崩壊となっている今こそ100%テレワークにして感染対策に協力すべきだと思うのですが、何を考えているのか分かりません。。。

 

Lenovo IdeaPad Slim350i Chromebook 82BA000LEC/11.6型/メモリ 4GB/eMMC 32GB/Chrome OS/オニキスブラック

価格:33,000円
(2021/9/3 22:18時点)
感想(25件)

2021年7月―家計簿

f:id:Hikari3:20171024201517j:plain 

7月分の出費は以下の通りです。 

住居費 100,000
水道 3,140
ガス 5,495
電気 8,764
保険料 7,179
携帯 6,109
食費 65,494
外食費 16,760
日用雑貨 8,026
美容・被服費 3,190
教育費 89,496
交際費 1,508
ガソリン 6,000
医療費 4,140
貯蓄 30,000
その他 22,194
合計 377,495円 

気が付けば、もう8月も終わりですね。7月分の家計簿がまだだったので記録します。ここ3か月ほどネット副業の成果を記録していませんがスルーです。 

7月はまず食費が膨らみました。7月下旬に夏休みに突入し、子ども達のお昼ご飯とおやつ代が増えたのが大きいです。さらに、母がワクチン2回目接種後に1週間ほど泊まりに来ていたので、その間4人家族となっていたのも食費が膨らんだ要因です。当然のことですが、人が増えると食費が増えますね。あと、スポーツ飲料やお米などの買い置きにも出費がかさみました。今後は消費した分を補充していくだけなので、これまでのペースに戻れると思います。

hikari3.hatenadiary.jp

hikari3.hatenadiary.jp

教育費も膨らみました。これは上の子の夏期講習の費用です。上の子は学校からの宿題がほとんどなかったので、夏期講習に行っていなかったら、何も勉強しなかったと思います。 

その他としたのはNHKの受信料、年払いです。 

コロナで引き籠っているので出費は減るかと思えば、何も変わらないですね。。。

 

自宅療養に備え始めました

f:id:Hikari3:20210627211436j:plain 

hikari3.hatenadiary.jp

私が住んでいる県でも、感染者数がどんどん増えて入院できず、自宅療養者の数もどんどん増えています。私はワクチン接種が済んだので、感染したときは軽症者と分類される可能性が高いと思います。いつ感染してもおかしくない状況の中、自宅療養生活が刻々と近づいていると感じています。実際にそうなってから慌てないように、少しずつ備え始めました。 

パルスオキシメーター
まず、購入したのはパルスオキシメーター。アンケートで貯めたポイントでポチりました。自宅療養者には県から貸し出しがあるようですが、届くまでに時間がかかるとか、貸し出したものが返却されず不足状態とか、問題発生の新聞記事もあったので、確実に手元に置くために自分で買いました。 

【公式直営店】 血中酸素飽和度をワンタッチ操作で簡単計測毎日健康管理目的で血液中の酸素飽和度の管理に【日本語説明書付き】

価格:2,080円
(2021/8/30 22:50時点)
感想(1件)

 

解熱剤
そして解熱剤のタイレノール、子ども達用にバファリンルナJ。これはワクチンの副反応に備えるためにも予め買っておきました。高熱が出ると、食欲も落ちるし、食事ができないと一気に体力消耗しますからね。 

【第2類医薬品】タイレノールA 10錠

価格:807円
(2021/8/30 22:55時点)
感想(0件)

【第2類医薬品】バファリンルナJ 12錠

価格:788円
(2021/8/30 22:54時点)
感想(0件)

 

スポーツ飲料とゼリー飲料
食事ができないときに重宝するものの代表格ですよね。でも、普段スポーツ飲料はあまり飲まないので飲み慣れていません。500mlを3本だけ準備しました。もっと必要となったらネットスーパーを利用する予定です。ゼリー飲料もネットではウィダーなどがいいとあったのですが、こちらも飲み慣れておらず、また、食欲がないときにあんなにたくさん飲めるかな?と思ったので、ぷるんとゼリーを何種類か用意しました。これなら食欲がなくても少しずつ、何より飲み慣れています。 

送料無料 福袋 オリヒロ ぷるんと蒟蒻ゼリー 全8フレーバー 15袋セット おまけ 2個 orihiro こんにゃくゼリー ゼリー ゼリー飲料 詰め合わせ ギフト お中元

価格:2,980円
(2021/8/30 22:51時点)
感想(153件)

 

食料品と日用品
これらに関しては特別変わったものを買っているわけではありませんが、買い置きをするようになりました。お米や麺類、トイレットペーパーなど、今までのようになくなりそうだから買うというサイクルではなく、常に未開封のものが1つ買い置きしてあるぐらいの状態を保つようにしています。それぐらいあれば感染が分かって買い物に行けなくなっても1-2週間は何とかなります。それ以上の期間になるのであれば、ネットスーパーを利用する予定です。
あ、普段、買わないものでは、即席スープの素やお茶漬けの素を買い置きしました。

 

ネットスーパーを調べる
普段は車で買い物に行くので、普段なら縁のないネットスーパーについても調べてみました。我が家が配達エリアに入っているのは2つのスーパー。イオン系のスーパーが1回300円という形式だそうなので、月額料金を支払うよりは利用しやすそうです。具合が悪くてパソコンの前にも座れないときは、買い置きの食料品で間に合わせ、起き上がれるようになったらネットスーパーを利用してしのぐ予定です。

 

私が思いつくのはこれぐらいですが、何か忘れてないかしら。。。

 

モデルナ2回目接種しました

f:id:Hikari3:20181025230516j:plain

hikari3.hatenadiary.jp

先月接種したモデルナワクチンの2回目接種が無事に終わりました。1回目の時は、痛い痒いだけで済みましたが、2回目は巷で聞くようにしっかり発熱もしました。 

注射自体は1回目同様全く痛くもなく、自分で運転して行ってきました。翌朝、体調は普通でしたが、体温を測ると微熱でした。普通に起きて、朝ご飯を準備しようかなぁ、熱があると子ども達をこき使おうかなぁとニヤニヤできるぐらい元気でした。それがお昼前にはまるでインフルエンザのように節々が痛くなって辛かったので、その時点で事前に用意してあったタイレノールを飲みました。起き上がれずにソファでゴロゴロしていると上の子がお昼ご飯を準備してくれました。こうなることを見越して、スープをかけるだけの冷やし中華を準備していてよかったです。上の子はちゃんと卵を焼いてキュウリなども切ってくれました。 

その後は悪寒がしたり、熱くなって汗をかいたり、体が忙しかったのでゴロゴロしていただけなのにとても疲れました。夕方にまた薬を飲んで、熱が下がっている内に上の子と一緒に夕食を準備し、食事、片付けまで一気に済ませました。普段は、私が一番最後にお風呂に入るのですが、この日は元気なうちに入ろうと考え、先に入るねーなどと話している内に、またぞくぞくと悪寒が始まり、動けなくなってしまいました。夕方に薬を飲んだ時間から4時間経過したことを確認して、再度薬を飲みもうこの日は寝ました。と言っても、体が熱くなったり寒くなったりするので、あまり眠れず1時間おきぐらいに目が覚めるので一晩中水分をとったりトイレに行ったりしていました。 

2日目には熱は下がったのですが、本調子ではなく、ビール日和のいい天気だったのに飲む気も起きませんでした。LINEで友人に伝えると、「ビールを飲めないなんて重症だ!(笑)」という返事がきました。まぁ、その通りです。これが噂の倦怠感なのでしょうかね。 

3日目には体調も良くなりましたが、腕がパンパンに腫れあがり、痒みが始まりました。腫れ方は1回目の時よりもひどく、鏡を見ると左腕だけ筋肉ムキムキみたいな状態。皮膚が突っ張るように感じるぐらいで、妊娠中にお腹が張ったときの皮膚の感じを思い出しました。腕の赤みや熱は治まりましたが、痒みは続いています。

hikari3.hatenadiary.jp

hikari3.hatenadiary.jp 

2年前、インフルエンザに罹ったときは、解熱剤で熱を下げて家事、熱を下げて送迎と寝込むこともあまりできませんでした。子ども達が成長し、去年の休校期間中に家事や料理を叩き込んだこともあって、今回は十分に寝込ませてもらいました。(夏休み中、洗濯と食器洗いを子ども達が担当しています。この日、下の子は洗濯担当でした。)

 

こうしてワクチン接種は無事に終わりました。と安心していたら異物混入のニュース!仕事に向かう車の中で聞いたので、仕事が終わってロット番号を確認するまで不安でした。確認すると、番号1つ違いで別のロットでした。たった1つ違い。。。混入が確認されてないだけで、混入していないとは言い切れないですね。。。

 

コロナが終わって、本当に安心できる日は来るのでしょうか。。。

 

 

マルちゃん 冷しラーメン 5食×2袋セット

新品価格
¥1,577から
(2021/8/27 22:17時点)

 

上の子もワクチン接種しました

f:id:Hikari3:20181025230516j:plain

子ども達には新型コロナワクチンを接種させるつもりはありませんでした。数週間前までは、小児は感染リスクが低い、感染しても重症化どころか発症しないケースが多いとのことだったからです。それに対して、このワクチンはまだ1-2年の実績しかないので、何年かあとに誰も知らなかった何かが出てきたら?というのが怖かったのです。テレビでは、ワクチン接種しましょうと呼びかける番組の合間に、「子どものころの集団予防接種でB型肝炎になった方・・・」というCMも流れます。その当時、子どもに集団予防接種を受けさせた大人達も子どもの健康のために接種させたはずです。それが数十年経って、誰も知らなかった問題に直面しているわけです。そんなCMを見るたび、今、子どものためと思って接種させて、後々誰も知らない何かが出てきたら?と思うと、感染リスクが低いならメリットは殆どないと考え接種させないと決めていました。 

ところが、今になってデルタ株は小児でも感染する、重症化もあると事態が変わってきました。ワクチン接種によって将来何かあるかもしれない、でも、ないかもしれない。感染者はどんどん増えている、夏休みももうすぐ終わる、感染する可能性は高い、重症化もあり得る、コロナ後遺症なんて話もある、ないかもしれない問題に怯えて、子ども達をそんな目にあわせるわけにはいかない。 

そんな事をぐるぐる考えていると上の子にもワクチン接種券が届きました。やっぱり人口が少ない分、いくらか早く進んでいるようです。上の子が、接種しないって決めてある!と捨てようとしたので慌てて制止し、改めて話し合い接種することにしました。私の時とは違い、自治体の優先接種に該当するかどうかを確認する印刷物は入っておらず、自治体のホームページかコールセンターで予約するようにとありました。 

自治体のホームページを開くと、優先接種に該当するかどうかのチャートがありました。高校3年生ですか?はい/いいえ、中学3年生ですか?はい/いいえ。上の子は自治体の優先接種に該当しません。となると私が接種したように県の広域ワクチン接種センターに行くことになるかと思うと、自治体のホームページでは18歳以上であれば県の接種センターを利用できるとありました。県の接種センターのホームページを開くと、モデルナワクチンを使用するから18歳以上との書き方でした。モデルナワクチンも12歳以上で承認されたとニュースで見た記憶だったので、厚労省のホームページを見たのですが、やっぱりここではファイザーもモデルナも12歳以上とありました。県などのページの更新が遅いだけなのか、方針が違うのか、よくわかりません。 

せっかく接種券が届いたのに、いつ予約できるのかわからない状況でした。上の子の気が変わらない内に予約してしまいたいという気持ちもあり、自治体のホームページで入力してみました。生年月日も入力するのできっと弾かれるだろうと思いながら入力を進めると、なんと予約が取れました。接種日当日は断られる覚悟だ!と思っていたのですが、要件も刻々と変わっているようで、数日後に同じホームページを見ると、12歳以上誰でも予約できるという表記になっていました。こんな風に刻々と変わるから、生年月日で弾いたりするような細かい設定は作りこめなかったということでしょうかね。 

そして接種日当日も問題なく接種できました。でも、少し戸惑ったのが2回目の予約です。県の接種センターでは1回目終了時に2回目を指定される形式だったので、同じだと思い込んでいました。でも、自治体の方は2回目もオンラインかコールセンターで予約だそうで、何よりも1回目予約の時に一緒に2回目も予約できたそうです。(自治体によって違うようです。)慌てて2回目の予約を入れようとしますが、元々なのか分かりませんが土日はありませんでした。学校を早退させるにしても、午後に受け付けている医療機関は15歳以下は対応しておらず、それなのに予約システムでは予約が取れてしまいました。キャンセルして予約を取り直したりと疲れましたが、なんとか予約は取れました。そしてワクチンを接種した本人は当日微熱があったのと、4-5日ほど腕が痛いと言っていたぐらいで問題なしです。

 

hikari3.hatenadiary.jp

それにしても自治体の予約システムを使ってみると、私も自治体の優先接種ではなかったものの、自治体でファイザーを打ってもらうことができたのかな?と思ってしまいました。ワクチンの効果はどちらも変わらないと言っていますが、モデルナアームのあの痒さはなかなか辛かったです。それが2回目接種でも起きるかと思うと消極的になってしまいます。また、最近では、3回目接種も必要になるとか、毎年必要になるとか半年ごととかいろんな噂も飛び交っています。最初にモデルナを打った私は今後も定期的に痒い思いをすることになるのかと考えると辛いです。どっかの時点でファイザーに変更できないのでしょうか。。。

 

子ども達の前で元夫の悪口言ってます

f:id:Hikari3:20190129222602j:plain

離婚後は子どもの前で非監護親の悪口は言ってはいけないとよく聞きますが、我が家では私は普通に言っています。先日も、元夫に深夜に呼び出されて寝不足のため体調不良だったので、子ども達には「あなた達のお父さんのせいなんですけどー。」と言いました。もちろん「あなたの元旦那さんですけどー。」と言い返されましたが。。。

hikari3.hatenadiary.jp

 

離婚して最初のころは言わないようにしていました。悪口は言わないようにしましょうという教え(?)呼びかけ(?)がどこからともなく頭に入っていたからです。でも、その内に悪口というよりも、お父さんはこういういい所がある、こういう悪い所もあると話してもいいかなと思うようになりました。人間、誰しも完璧ではないですからね。というのも子ども達は離婚前に修羅場を見ることがなかったので、離婚前の生活が、お父さんばかりが、どんどん美化されていました。円満離婚のデメリットにも書いた通り、離婚したことに関して子ども達の理解を得ることができませんでした。

hikari3.hatenadiary.jp

hikari3.hatenadiary.jp

 

離婚の事実を子ども達に理解・受け入れてもらうためと言えば聞こえはいいですが、もちろんそれもありますが、この当時は私ばかりが悪者になっていて、割に合わねーと感じたのが正直なところです。2人で話し合って決めたことなのに、私がアパートを借りて子ども達を連れて引っ越したので、目に見える変化に子ども達は、私が1人で決めて実力行使したかのように感じている節があったのです。

hikari3.hatenadiary.jp

hikari3.hatenadiary.jp

その後、ちゃんと面会交流があってよかったとか、コロナ前の離婚でよかったとの言葉ももらったので、離婚については受け入れてもらえたと思っています。あ、でも、こうして振り返るとどちらも上の子の言葉ですね、下の子はどう感じているのかしら。。。

 

最近は面会交流に関するトラブルが発端となることが多いです。スムーズにスケジュール調整できるときは何もいう必要もありませんが、こじれてしまうと悪口というよりも、ありのままを話して正直に困っている事を子ども達に相談しています。

hikari3.hatenadiary.jp

hikari3.hatenadiary.jp

hikari3.hatenadiary.jp

私だって誰かに聞いてほしいですからね。元夫からするとこういう話も悪口なのかもしれません。でも、自身がもっと協力的になればいいだけの話です。 

 

深夜に元夫に呼び出されました

f:id:Hikari3:20181206213631j:plain下の子が面会交流で元夫の家にお泊りしていた時のことです。深夜に元夫からの電話で起こされました。開口一番、助けてと言われました。下痢だか、嘔吐だか、両方だかで、脱水症状とか胃痙攣とかいろいろ言われ、要するに車を出して救急に連れて行ってほしいというのです。タクシーを利用するか、救急車を呼ぶべきでは?と言ったのですが、何も知らずに寝ている下の子を1人置いていく訳にはいかない、コロナ禍に一緒に連れていく訳にもいかない、と返ってきました。下の子のためと言われると断れません。寝付いて2時間ほどで起こされてふらふらでしたが、車を出すことにしました。 

元夫の家につき、玄関のドアに手をかけると鍵は開いていて、元夫が横たわっていました。こんなの担げない、やっぱり救急車にしてもらうべきだったと思うと、のっそりと立ち上がり自分で歩くことはできました。施錠するよう鍵を渡されましたが、暗い中だったのと、鍵も古いタイプの差し込む向きがあるものなので手こずってしまい、元夫が横取りして自分で鍵をかけました。今のマンションも、前のアパートもディンプルキーで差し込む時に向きを考える必要がありません。離婚前に住んでいた家ですが、すぐに忘れてしまうものですね。車の中では後部座席に横になってうんうん言っていたのですが、病院に着くと自分で歩き、私に家の鍵を渡し、下の子と一緒にいてやってくれとのことでした。 

元夫の家に戻ると、まずは臭い!と思いました。男の一人暮らしの臭いです。部屋干しの臭いも混ざっていたと思います。こういう臭いってワンルームなど小さな部屋特有のものだと思っていたのですが、2階建ての一軒家でもするんだと妙に感心しました。2階に上がり、寝室に入ると何も知らない下の子がすやすやと寝ていました。私は、完全に目が覚めていて、そんな臭いの中で横になれる訳もなく下の子の隣に座って延々とスマホをいじっていました。この時、お父さんちにいるから目が覚めたら電話してと、上の子へショートメールもしました。ま、朝に弱い上の子なので自然に目が覚める前に私が家に帰るだろうとは思っていたのですが念のためです。 

2時間ほどして、元夫にLINEをしても反応がなく、さすがにウトウトしてきたので目を閉じることにしました。そこにLINEが来ました。急性胃腸炎でした、点滴で歩けるまで回復しました、帰ります、とのこと。元々歩けていた気がするのですがツッコまないことにしました。結局、寝ることはできずに1階へ降りて、階段に座ってタクシーが着くのを待ちました。トイレを借りようかと思ったのですが、薄暗くジメジメしていて怖くて入れませんでした。離婚前にこの家に住んでいたことが信じられない気持ちでした。元夫が戻ってきたので、私は家に帰ることにしました。下の子も一緒に連れて帰ろうかと思いましたが、まだ朝5時にもなっていなかったので、もう少し寝かすことにし、迎えに来るから下の子が起きたら連絡してと言いました。元夫も承諾しました。 

 

家に帰るとお腹が空いていることに気づいたので、クッキーとコーヒーを口にしながら一体なんの騒ぎだったんだと振り返ってみました。下の子のためということで車を出したわけですが、本当に必要だったのか。。。下の子は、目が覚めた時に誰もいないからと泣き出すような2-3歳のおチビさんではありません。キッズケータイも持っているので、メールしておくこともできます。自分から私や元夫に連絡することもできます。元夫がそのまま入院することになったとしても、それぞれ連絡を取り合って私が下の子を迎えに行くことができたはずです。今回は、入院どころか、下の子が目覚める前に戻ってきましたし。元夫も、体調の悪さにパニックだったのかもしれませんが、今後同様のことがあればタクシーか救急車を考えてくださいとLINEしておきました。私は一日中、寝不足のせいでぼーっとしたまま過ごしました。そんな寝不足状態での運転で事故など起こさず済んで運が良かったです。