契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

売買契約書もネットでお勉強

f:id:Hikari3:20180312200850j:plain

住宅ローンについてネットで勉強した結果、複数金融機関にローン審査を申し込み、より良い条件を引き出すことができました。

hikari3.hatenadiary.jp

売買契約書についてもネットで勉強し、このポイントは必ず抑えるというのを事前に決めておきました。おかげで売買契約書の案がメールで届いたときは、開いた瞬間「おえっ!」となるほどの文章量でしたが、事前にネットで勉強したポイントを抑えていけば無理なく理解できました。

抑えるべきポイントの中に瑕疵担保責任という聞いたことのない言葉がありました。引き渡し後、雨漏り・シロアリ・水漏れなど大きな欠陥が見つかった場合、売り主の責任となるというものです。売り主が業者の場合は2年間、個人の場合でも3か月とありました。

でも、送られてきた売買契約書の案には、「瑕疵担保責任:なし」とはっきりと書かれていました。築浅物件だし、心配する必要はないと思うものの、今何も言わなかったことで、後悔するようなことになりたくない!と勇気を出して不動産屋さんに聞いてみました。不動産屋さんは、個人間の売買だと付けないことが多いと前置きしながらも、売り主さんに確認くださることになりました。

結果、売り主さんは瑕疵担保責任3か月に応じてくれ、また不動産屋さんは業者として瑕疵担保責任保険に入ってくれることになり、1年間保険の適用が受けられることになりました。もちろんその期間(その後も!)なにも起きない事が一番ですが、もしもの時を考えると安心です。

勇気を出して口にするって大事だなと思いました。また、付け焼き刃でもにわか知識でも、事前に勉強しておくって大事だなと思いました。