契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

我が家のサンタ事情

f:id:Hikari3:20171227181742j:plain

結論から書きます。我が家の子ども達は真実を知っています。(笑)

子ども達が小さかった頃は、積極的にサンタさんを信じさせていました。絵本を読んで聞かせたり、サンタさん用に一緒にクッキーを準備したり、「いい子にしてないとサンタさん来ないよ!」と言ったり。NORADというウェブサイトでサンタさんを追跡したこともありました。年齢が上がるに連れ、私からサンタさんの話はしないようになり、質問されたら嘘はつかないでおこうと決めてました。

www.noradsanta.org

そしてとうとう上の子が4年生になった時、クリスマスの時期でもなんでもない時に突然聞かれました。「サンタさんって本当にいるの?」「どう思う?」って聞き返すと、上の子の考えはこうでした。

サンタさん1人で世界中の子ども達にプレゼントを配るのは大変だと思うので、たくさん跡継ぎがいると思う。
上の子の考えに合わせて、世界中のお父さんお母さんがサンタさんの跡継ぎであるという話をしました。ここまで上手くいったのは偶然でしかありませんが、本人の考えに合わせるというのが大事だと感じました。

ところが!下の子に対しては、本人の考えとか、時間をかけてとか、ゆっくり落ち着いて話すことさえできませんでした。1回だけは秘密を守ってくれた上の子が、去年のクリスマスにはガンガン話してしまったのです。アマゾンから物が届くと、「これってぇアレだと思う。プレゼント~。」と言ったり、サンタさんの話になると「私達はねぇ、そんなのとっくに卒業したの!」と言い出したり。それに合わせて下の子も「そうそう、卒業したんだよ!」と、いつの間にか卒業してしまったそうです。

今年も、新しい靴とか、リュック、肌着なども、プレゼント用に包んでツリーの下に置く予定ですが、必需品は買いますが、おもちゃを買ってやる余裕はありません。引っ越ししたばかりということで、「今年のプレゼントはお部屋だね。それぞれのお部屋。すごくない?こんなクリスマスプレゼントもらった子は、いないと思うよ。」と言っておきました。(笑)