契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

最近のゲーム

 

 

婚姻中、特に子どもが生まれてからはゲームを買うのは反対でした。その理由は、子どもの生育に影響が、、、というものではなく、私自身がとっぷりハマって家事も育児も放棄、ダメ親になると思っていたからです。中学生・高校生の頃は結構ゲームにハマりました。頭から布団をかぶって寝た振りをしてゲームしていたぐらいです。家にゲームがあるときっとまたそうなってしまうと思っていました。

 

hikari3.hatenadiary.jp

3月の一斉休校以前からなので3ヶ月以上も元夫のスイッチがわが家にありました。見守り設定もあるので子ども達のゲーム時間を私が取ってしまうことはないと思っていましたが、たまに一緒に遊んでも全くハマりませんでした。その理由に最近気づきました。やることが多すぎてついていけないのです。

私がハマった当時のゲームと言えば、右方向に走っていくだけとか、上方向に飛んでいくだけとか、画面は固定で上から降ってくるものを並べるだけとかそんなものでした。なのに今のゲームは上下左右に移動でき、カメラアングルまで変えられるし、方向音痴の私は完全に迷子です。そしてボタンが多すぎる。やるべきことがたくさん割り当てられています。まるでついていけません、老いを感じます。。。

 

昔は、子どもが集まるとみんなで順番待ちをしてゲームしていました。でも、借りてきたスイッチはコントローラーが4つもあって(買い足すんですかね?)、甥たちが来てもみんな一緒にプレイできていいと思っていました。確かにそういうゲームもありますが、子ども達がハマっているのは1人で遊ぶタイプのゲーム、オンライン上の人達と遊ぶゲームなのです。なのでプレイしているのは1人だけで他は見ているだけという時間が多いです。変なの、と言うと、今は一人っ子家庭が多いからこういうゲームが流行るんだよ、と上の子が言っていました。実際、そうなのかもしれません。

オンラインゲームで厄介なのがもう1つ、相手がいることなので今すぐ終わるということができないというのです。昔のゲームはすぐに終了できました。ま、セーブするまでちょっと待ってというのも多少ありましたが。でも、オンライン上の赤の他人に対して失礼になるから・・・って、、、理解不能です。

自分の親に失礼なことをしているって気づいて欲しいです。(無理ですね。親に対して遠慮なんてしませんよね。。。)

 

Nintendo Switch JOY-CON(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド

価格:42,680円
(2020/3/1 09:16時点)
感想(2件)