契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

子ども達の銀行口座

f:id:Hikari3:20171208224523j:plain

子ども達はそれぞれの名義で銀行口座を持っていて、お年玉やお駄賃を貯金させるようにしています。いえ、お駄賃は100均とかでしょーもないおもちゃなどに代わってしまうことが多いです。

hikari3.hatenadiary.jp

今年、コロナで支払われた特別定額給付金からは、1万円ずつそれぞれの口座に入れさせました。残りは有難くエアコン代として消えました。

hikari3.hatenadiary.jp

先日、ゆうちょ口座を解約して楽天銀行に移してしまおうかと考えていた時、子ども達の口座はどうなんだ?と思い始めました。これも大して考えずに地方銀行で開設したものです。今のところ引き出す予定もないので、ATMカードさえ作っていません。貯蓄用として使うのであれば、ATMが多くて便利な地方銀行よりも、利息がいい楽天銀行にすべきでは??

hikari3.hatenadiary.jp

子ども達の口座は私が勝手に作ったものですが、今では子ども達もその存在を知っていて、少しずつ自分で管理できるようにしようとしているので、変更するかどうかは子ども達に決めてもらうことにしました。子ども達は、楽天銀行の通帳が見たいと言いました。通帳のデザインで変えるかどうか決めようと考えたようです。楽天銀行はネット銀行なので通帳はないと説明すると、変更したくない今の口座の方がいいと言われました。

お年玉などを預け入れる時は、必ず一緒に行って本人にATMを操作させています。1度は窓口での預け入れも経験させました。時々、互いの通帳を確認し合って貯金額を競い合っています。この日もそうやって通帳を見ながら振り返っていたので、特別定額給付金から1万円ずつ渡したことを思い出しました。2人ともこうやって振り返ることができる通帳がある方がいいという事で地方銀行口座の利用を続けることになりました。ちゃんと貯金できる大人に育って欲しいです。