契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

富士通にストレージの大きいスマホを出して欲しい

しつこくスマホ機種変の話です。
充電コネクタの形状が変わっていることに気付いた時、AndroidをやめてiPhoneにしようか、、、と一瞬思ってしまいました。とは言え、ずっとAndroidを使ってきた私は、過去にiPhoneの充電コネクタが変更になったことがなかったかどうかも知らないんですけどね。今後変わらないという保障もないし。。。 

実際に使い始めると、もっと不満が出てきました。Galaxyでは「戻る」ボタンが右側にあるのです。1つ前に使っていたArrowsだけでなく、その前に使っていたXperiaでも「戻る」ボタンは左にあったのに!メーカーが変わる度にこんな基本的なところまで変わってしまうのなら、やっぱり今後はiPhoneにしようかと本当に思い始めました。でも、調べてみるとこの点はAndroidの中でもGalaxyが特殊だそうで、しかも設定で変更できることでした。 

もっと使うと、もっともっと不満が出てきました。私は、ガラケーでもそんなにメールをしなかったパソコン世代のオバさんなのでテンキー入力ができません。スマホでもQWERTYキーボードでローマ字入力を使用しています。Galaxyでも同じようにQWERTYキーボードに設定し、使い始めました。するとローマ字入力がとてもしにくいのです。例えば「私」を入力したい時、「watas」まで入力したところで、入力予測で「私」という漢字が出て来たからと、その漢字を選ぶと「私s」と「s」が残ってしまうのです!続きを入力する前に、バックスペースで「s」を消す必要があります。手助けのはずの入力予測がなんの助けにもなってない!!

調べたところ、日本語入力アプリを入れることで解消できることが分かりました。GoogleのGboardというアプリを入れたところ「s」は残らなくなり、文字入力の時はQWERTY、でも数字の時はテンキーとキーボードの切り替えもすぐにできるようになり、かなり快適になりました。(Gboardを入れる前は、いちいち設定画面まで行かないとキーボードの切り替えもできなかったのです。)もっともっと調べると、ArrowsはATOKを使っていたようです。なるほど、日本語入力がとてもスムーズだったわけです。XperiaからArrowsに変えた時、なんか知らんけど入力しやすい~と感じたのを思い出しました。では、GalaxyにもATOKをインストールすればArrowsほどに快適になりそうですが、こちらは有料で1,720円かかると出てきました。。。今まで無料で使えていたものにお金を出したくなく、、、100~200円ならまだしも。。。という訳でGboardで継続です。 

不満はこれだけでなく、画面の明るさ自動調整もちゃんと動くときもあれば、暗いままの時もあるという感じです。あと、LINEやショートメールの通知もアプリを開いてから通知が出たり、変なことが起きていますが、省電力モードを使っているのがよくないとの情報もあったので、省電力モードを解除して様子見中です。Arrowsだって省電力モードで使っていたのに。。。なんなら、ギガ節約のためにデータセーバーもオンにしてたけど、ちゃんと通知来たのに。。。

 

AndroidをやめてiPhoneにしようかと書きましたが、違います、私はArrowsがいいのです!もっとストレージの大きいArrowsがあれば迷わずそっちを選びます!富士通さん、ストレージの大きいArrowsも作ってください!!
って、こんなショボいブログに書いても富士通さんに私の声は届かないでしょうけどね。。。

 

docomoSIMロック解除済 arrows Be4 F-41A Black

新品価格
¥14,549から
(2020/11/30 11:14時点)