契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

面会交流の日程調整で大揉め

f:id:Hikari3:20181206213631j:plain

これで何度目でしょうか、面会交流の日程調整で大揉めです。 

日程調整は基本的に共有したGoogleカレンダーで行っています。子ども達の予定がある日は私が「予定あり」と入力し、元夫は面会希望日を入力します。希望日であって確定ではないはずなのに、元夫はもう絶対に動かさないというスタンスなのでいつもトラブルになります。 

12月は冬休み最初の土日に希望日が入っていました。例年ならば、子ども達は運動公園主催の冬休みキャンプへ出かけますが、今年はコロナで開催されないだろうと思っていたのもあり、そのままにしていました。ところが11月に入って冬休みキャンプの募集が始まったのです。子ども達に聞くと、上の子はむにゃむにゃしていたものの、下の子は「行きたい!」と即答しました。そこでGoogleカレンダーを確認すると、面会希望の文字が、、、まずは面会日を変更できないか元夫に打診してみることになりました。 

LINEで冬休みキャンプが開催されることになったので面会日を変更できないかと送りました。すると、「11月中旬まで出張なんだけど。」との返事、意味が分かりませんでした。確認すると、出張へ行ったら面会交流までに4週間開けろと言われた、だから他の週末はすでに予定を入れた、冬休み最初の週末が無理なら年末にしろとのことでした。

恐らくこの時↓のことです。 

hikari3.hatenadiary.jp

LINEで言った言わないのケンカになりました。4週間と言ったかどうかは覚えていません。さかのぼって確認しても、LINEの履歴にはそんな発言はありませんでした。それを伝えると、電話での会話だったそうです。こういう事が起きるから文字で残るようにLINEを使うようにしているのに。。。 

こんなゴタゴタがあったので、少し行く気になっていた上の子も、行くと即答していた下の子もキャンプに申し込む気が完全に失せてしまいました。その週末が面会交流日となるのは決定です。でも、今度は他の週末の予定が気になってきましたが、聞いても教えてくれませんでした。別に、関係ない、そっちも「予定あり」とするだけで内容を知らせて来ない、などなど。。。12月、忘年会シーズンです。コロナでこんなにも会食するな、飲み会するなと言われているのに、忘年会に違いない、だから言えないんだと思いました。 

キャンプには申し込まないことになったので、面会交流日は確定でいいが、12月の週末の行動を知らせられないのなら、最高リスクを想定してし、面会交流はドライブスルー方式にしますとLINEしました。ドライブスルー方式は我ながら名案だと思いました。車の窓越しに、お互いにケータイで話をすればいい、刑務所の面会みたいだ、と1人で想像して笑っていました。もちろんLINE自体は、もう少し柔らかい感じで、4週間と言ったかもしれない、忘れっぽくて申し訳ない、そちらの予定には興味ない、そんなの変えられるだろとかケチ付ける気もない、心配しているのはコロナ禍のリスクだけ、などと織り交ぜながら。するとやっと回答が来ました。出張後2週間は自主隔離、その次の週末は実家、その次の週末は女性の友人と過ごす予定だそうです。 

これで安心して子ども達を面会交流に送っていけます、とは、言えませんね。どこに潜んでいるか分からない、見えないコロナが相手ですから。でも、高リスクでないことは確認できたと思います。でも、やっぱりこういう揉め事が起きるたびに、面会交流って本当にいい事なのかとの疑問がわきます。

 

元夫に週末を一緒に過ごす女性の友人ができた事はよかったと思っています。むしろ、その女性の友人の方にどんどんのめり込んでもらって、面会交流がフェードアウトしてくれる方が私としてはトラブルが減るだろうし嬉しいです。それにしても、「女性の友人」って、、、アイドルかっ!

 

あ、ちなみに冬休みキャンプはコロナ感染者増加で後日中止になりました。