契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

お年玉-離婚前と後

f:id:Hikari3:20171208224523j:plain

離婚前、お年玉は親戚からもらうもの、親(私や元夫)から子ども達に与えることはありませんでした。そして出先でもらうものなので、失くしたら困るからという名目で私が預かり、自動的に子ども達名義の銀行口座へ全額入金していました。

年齢が上がるに連れ、あのお金はどこへ行ったのか?と疑問を持つようになったので、通帳を見せて、ちゃんと本人たちのために取ってあることを分からせ、本人にATM操作をさせるようにもなりました。 

hikari3.hatenadiary.jp

離婚後、私からも子ども達へお年玉を渡すことにしました。そして、親戚からのお年玉はこれまで通り全額貯金すること、私からのお年玉は自由に使っていいこととしました。離婚によって、元夫側の親戚からのお年玉が減ることが予測できたので、自由に使えるお金を握らせることで不満を打ち消したかったのです。

この作戦は成功しました。ちょうどその頃、お年玉は子ども達のお金なのに自分達で使い道を決められないことに疑問と不満を持ち始めていたのです。この年は、1000円x2人分のしょーもないおもちゃが増えましたが、疑問や不満をぶつけられケンカになるのと比べると安いものです。

最近になって、通帳を振り返っていた時にやっぱり言われました。お母さんが離婚したせいでもらえるお年玉が減った。元夫側の方が親戚づきあいが大きかったので、毎年1月の入金額は半分以下になっています。お年玉が減ったのは離婚のせいではない、お父さんが年始回りに行かないせいだと言いました。離婚をしても、子ども達の親戚関係は変わらない、お父さんがちゃんと年始回りに行けばお父さん側の親戚からもお年玉をもらえるはずだ。文句があるならお母さんじゃなく、お父さんに言え~~。たまにしか会わないお父さんにはきっと言わないのでしょうけどね。

 

今年、下の子は自由に使っていい私からのお年玉も貯金しました。上の子の方が長く生きている分、貯金額が多いので、追いつき追い越したいそうです。上の子は欲しい本があるので、一部使いたいとのこと。自分達で考えて、賢くお金を使えるようになって欲しいです。

 

最新版 子どもにおこづかいをあげよう!

新品価格
¥1,320から
(2021/1/10 08:32時点)