契約離婚から円満離婚へ

契約離婚を経て、円満離婚。。。母子家庭生活を綴っています。

深夜に元夫に呼び出されました

f:id:Hikari3:20181206213631j:plain下の子が面会交流で元夫の家にお泊りしていた時のことです。深夜に元夫からの電話で起こされました。開口一番、助けてと言われました。下痢だか、嘔吐だか、両方だかで、脱水症状とか胃痙攣とかいろいろ言われ、要するに車を出して救急に連れて行ってほしいというのです。タクシーを利用するか、救急車を呼ぶべきでは?と言ったのですが、何も知らずに寝ている下の子を1人置いていく訳にはいかない、コロナ禍に一緒に連れていく訳にもいかない、と返ってきました。下の子のためと言われると断れません。寝付いて2時間ほどで起こされてふらふらでしたが、車を出すことにしました。 

元夫の家につき、玄関のドアに手をかけると鍵は開いていて、元夫が横たわっていました。こんなの担げない、やっぱり救急車にしてもらうべきだったと思うと、のっそりと立ち上がり自分で歩くことはできました。施錠するよう鍵を渡されましたが、暗い中だったのと、鍵も古いタイプの差し込む向きがあるものなので手こずってしまい、元夫が横取りして自分で鍵をかけました。今のマンションも、前のアパートもディンプルキーで差し込む時に向きを考える必要がありません。離婚前に住んでいた家ですが、すぐに忘れてしまうものですね。車の中では後部座席に横になってうんうん言っていたのですが、病院に着くと自分で歩き、私に家の鍵を渡し、下の子と一緒にいてやってくれとのことでした。 

元夫の家に戻ると、まずは臭い!と思いました。男の一人暮らしの臭いです。部屋干しの臭いも混ざっていたと思います。こういう臭いってワンルームなど小さな部屋特有のものだと思っていたのですが、2階建ての一軒家でもするんだと妙に感心しました。2階に上がり、寝室に入ると何も知らない下の子がすやすやと寝ていました。私は、完全に目が覚めていて、そんな臭いの中で横になれる訳もなく下の子の隣に座って延々とスマホをいじっていました。この時、お父さんちにいるから目が覚めたら電話してと、上の子へショートメールもしました。ま、朝に弱い上の子なので自然に目が覚める前に私が家に帰るだろうとは思っていたのですが念のためです。 

2時間ほどして、元夫にLINEをしても反応がなく、さすがにウトウトしてきたので目を閉じることにしました。そこにLINEが来ました。急性胃腸炎でした、点滴で歩けるまで回復しました、帰ります、とのこと。元々歩けていた気がするのですがツッコまないことにしました。結局、寝ることはできずに1階へ降りて、階段に座ってタクシーが着くのを待ちました。トイレを借りようかと思ったのですが、薄暗くジメジメしていて怖くて入れませんでした。離婚前にこの家に住んでいたことが信じられない気持ちでした。元夫が戻ってきたので、私は家に帰ることにしました。下の子も一緒に連れて帰ろうかと思いましたが、まだ朝5時にもなっていなかったので、もう少し寝かすことにし、迎えに来るから下の子が起きたら連絡してと言いました。元夫も承諾しました。 

 

家に帰るとお腹が空いていることに気づいたので、クッキーとコーヒーを口にしながら一体なんの騒ぎだったんだと振り返ってみました。下の子のためということで車を出したわけですが、本当に必要だったのか。。。下の子は、目が覚めた時に誰もいないからと泣き出すような2-3歳のおチビさんではありません。キッズケータイも持っているので、メールしておくこともできます。自分から私や元夫に連絡することもできます。元夫がそのまま入院することになったとしても、それぞれ連絡を取り合って私が下の子を迎えに行くことができたはずです。今回は、入院どころか、下の子が目覚める前に戻ってきましたし。元夫も、体調の悪さにパニックだったのかもしれませんが、今後同様のことがあればタクシーか救急車を考えてくださいとLINEしておきました。私は一日中、寝不足のせいでぼーっとしたまま過ごしました。そんな寝不足状態での運転で事故など起こさず済んで運が良かったです。